■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イエゲー


私、ゲームの話をよくしますが、家ゲーは嫌いです。
家ゲーは嫌いです。
特にこれといったこだわりがあるわけじゃないのですが、
嫌な思い出が多いってだけです。

家ゲーに関しては親不孝な思い出しかありません。
あまり記憶にありませんが、相当ダダをこねてファミコンを買ってもらったような気がします。小学校の時。
一番初めはディグダグ。今で言うところのミスタードリラーの前身です。
まあ、これはいい。
その後、たぶん、年に1本ペースで親にプレゼントしてもらった気がします。
今思うと、何の役にも立たない、くそくだらないことにお金を出してもらっていたので、心が痛みます。
ゲームソフトの値段は今とあまり変わらないので6000円くらいです。
「同時のマックの時給400円。現在の価値に換算すると約9000円である」
しかも、私はゲームを選択するセンスが全く無く、くだらない中のさらにくだらないチョイスしかしていません。
たしか、一番初めはクリスマスプレゼントだったと思うのですが、スターフォースを買いました。
近所のゲーム屋(本業は本屋)の所に付けが利くので親があらかじめ連絡しておいて、好きなのをもらってくる、みたいなシステムをとっていたのですが、会に行く時に近所の3歳くらい年上の丸坊主にーちゃんと行きました。
たぶん、私は店に行く時までエレベーターアクション的なかなりメジャーなソフトを買うつもりでした。シューティング興味ないし。
でも、買うくだりになったら、その丸坊主が「スターフォースが今一番熱い」的な事をいって、私は何故かそれに納得して、スターフォースを買いました。
スターフォースはスターフォースで、まあ有名なのですが、はっきりいって全然面白くありませんでした。
全然面白くありませんでしたが、説得を受けている私はなんとなく「ああ、これは大人のゲームなんだなぁ」と、特に何も思いませんでした。
結果的に言うと単に丸坊主がスターフォースをやりたかっただけで、騙されたわけですが、そんなことは微塵も思いませんでした。いや、思ってはいたようでしたが、完全に封殺していました。
今考えると、むなくそ悪いです。

じゃあ、その丸坊主が悪いかというとそういうわけではありません。
悪いのは自分です。
メジャーなゲームを避ける習性があるようです。王道嫌い厨ではありません。
ドラクエ2は持ってました。ちょっと遅れて買った記憶があります。
面白かったです。
そんで、ドラクエ3の発売が決定した時に、ドラクエ3を予約しようと思いました。当時徹夜で並んで買うとかニュースになったくらいの奴です。
スターフォースと同じシステムでゲーム屋さんに行ってドラクエ3を予約しようと思いました。家とゲーム屋は歩いて500mくらいの距離ですが、そのときはもう天国の道です。光ってます。
でも私は、何故か「仮面ライダー倶楽部」を予約していました。
ちなみに、仮面ライダーになんの思いいれもありません。
たぶん、ファミ通かマルカツファミコンかなんかでレビューを見ていて、タイトルだけは知っていました。発売日が確かドラクエの2日後くらいだった気がします。
私は、そのヘブンズロードを歩いてる最中に、「ドラクエは誰もが買うから貸してもらえる。ここはそれに見合う違うゲームを買ったほうが2度楽しめて賢明」といった、妙な自分理論に行き着いたのだと思います。
あと、その「わざわざドラクエにぶつけてきた仮面ライダー倶楽部の勇気に胸打たれた」というかかわいそうになったのだと思います。
もし、ヘブンズロードが400mだったら違う結果になっていたかもしれません。
当然、ドラクエ3は誰からも借りれませんでした。
あと、仮面ライダー倶楽部は激ムズなのでクリアできませんでした。
ゲームバランスが悪いというか、そもそも「ゲームバランス」などという単語は当時なかったのでしかたありません。
それにしても、ドラクエ3はセーブ機能がついていたので、思い込みで仮面ライダー倶楽部にもセーブ機能があると思っていた自分が恥ずかしいです。
パスワードすらありません。でも、クリアするのに12時間くらいかかります。
大人になってからエミュレーターでクリアできました。
もし、タイムマシーンが出来たら私は昔に戻って、ヘブンズロードに立って「セーブ機能ないよ」って言ってあげたいです。

ディスクシステムも買ってもらいました。記憶には無いですが相当だだをこねたと思います。高いので親には買ってもらえませんでしたが、たまたま親戚のおじさんがいたかなんかで、聞いてたみたいで、親戚のおじさんが買ってくれました。おじさんはなんかの会社の社長でした。
これも、普通だと「ゼルダの伝説」に行くのですが、何故か私は「あめのむらさめ」みたいな名前の路地に飛び込んでいました。
でも、不思議なことに仮面ライダー倶楽部もそうですが、後悔はしていません。
なんとなく、面白かった気がします。
でも、絶対選択ミスをしています。1つや2つならいいのですが、全部裏目。
自分の判断力の無さにほとほと嫌気が差します。
あと、ディスクシステムを買ってくれたおじさんは私が大人になってから倒産して逆に800万くらい取られたので全然感謝はしていません。

大正解だったのはゲームボーイのSAGAで、大当たりでした。
面白かった。でも何故か、ゲームボーイ自体を友達に500円で売ってしまいました。お母さんごめんなさい。
所在確認を受けた時「ん、あー、その辺にある」とか言ってごまかした気がします。ごめんなさい。
別に500円がほしかったとか、そういうのじゃなくて、ほんとなんとなく、大した考えも無く、売りました。
いや、なんかいろいろ考えた気もしますが、その後SAGA2が出ることを知らずに手放して相当後悔したと思うのですが、それを消し去ると同時に封殺した模様です。

今私が家ゲーしないのはただ単にめんどくさいからってだけですので、ゲーム実況動画を見るのは好きです。
それで見てて思うのは、よく「昔のゲームはよかった」みたいな発言ありますが、明らかに今のゲームの方がいいでしょうが。
もし、私が私の親だったら当時のゲームなんか絶対買ってやりません。
でも、今のゲームならいいかなと思います。
まだ、やさしさが感じられます。


スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。