■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レボリューションカット


新卒の人が会社に入って一番初めに思うことは決まっています。
思う、というのは自我的に思う事ですが、
「エクセルで資料を作るなんてナンセンスだ」
です。
エクセルは表計算ソフトなのでそう思うのは当然です。
資料作成で言うと、ワードとか。
または、プロジェクターに映す事も同時に考えてパワーポイント。
そっちの方が効率がいいし、資料作成の正しい姿であります。
そう考えます。

でも、それはかなり間違っています。
そもそも、ワードもパワーポイントも「資料作成に適したソフト」というのはマイクロソフトが勝手に言ってる設計思想なだけであって別にベストではありません。
それに乗っかってるのはただ単に洗脳されているだけです。
たぶん、ベストなのはデータを打ち込むコンソロールとそれを保存するデータベースが専用に作られているシステムで、ボタンを押すと勝手にレイアウトしてくれる資料作成ソフトだと思います。
それはまあいいのですが。

資料単体で考えるとエクセルで作るよりパワーポイントで作るほうが簡単で綺麗に出来ます。だから、少なくともベターだし、自分はそうやって作りたいと考えます。
しかしながら、9人エクセルで1人パワーポイントだと、様々な弊害が起こります。
一人だけ(視覚的に)クオリティーの高い資料を作ると、周りの人が合わせなくてはいけなくなるので、迷惑。
これだと、日本人の事なかれ主義的な感じで、そういうのがゆるせないって正義感むき出しで反抗してもいいのですが、問題はついてきた人がいた場合です。
あんまり特殊なソフトを使うと場合によっては見れない人とか出てきます。
いや、ビューアーがフリーだからとかいっても通用しません。
全員分ケアできないと偉そうなことはいえません。
作ることだけを考えればパワーポイントですが、それでは視野が狭いのです。
作ることだけ考えても一番初めに使うということは、他に教える義務が出てきます。
そうしないと自分以外は編集も出来ないし、使えないシステムになるからです。
それが果たせないと「使える」とは言いがたいと思います。
少しくらい見た目がよくて作りやすいぐらいじゃ埋めきれないデメリットの方が大きいのです。
筋肉が邪魔であえてスーパーサイヤ人を超えたスーパーサイヤ人を使わなかったべジータに気がついてトランクスが「こういうことだったのか、父さん」ってなるのと同じです。

偉そうな事を言うためには、安定と教育をケアしたシステムを作れるようになるか、ボタン一発システムを作る力を少なくとも持ってからでないとギャグです。
洗礼を受けます。
そんなこんなで使えるけど使えない人になって、そんなこんなで3~5年経つと使えるけど使えない人ばかりになって、なんとなく使える人になります。
なんとなく使える時代になります。
どんなに優れた革命家でも時代を変えることはできません。
一点から出来るのはイメージの提供だけです。
そんな大げさな話でもありませんが。

マジックにおけるフラリッシュの関係も似たようなものです。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。