■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うさぎ跳び

『チャンピョンである資格?そんなものあいつを見ていれば分かるだろう。あいつは兎。そう兎なのさ。』

「セクションナインへようこそ」:式神真奈


あらゆるジャンルにおいてトップになるためには他から抜きん出た技術と力が必要である。
それは一般的にいうならば「強い」と形容される何かだ。
しかし、頂点に立ったものが体験するのは己の強さではなく、一転弱さである。
自分の弱さと対面する。そこには広がりしかないからだ。
それは「臆病」という単語に類似する。
1対多数の恐怖。追われる者にかせられる宿命である。
しかし、その臆病さに打ち勝つのではなく、取り込むことによって走り続けることが出来るのだ。
誰よりも情報収集に余念無く、誰よりも敏感に対応するナイーブさが存続をもたらすのである。
兎の耳は何のためについているか、その足は何のためについているのか。
獅子ではいけないのだ。
餌は獲れるかも知れないが自然には勝てないからである。


きっと、この一説はそういう事を言っているのだと思う。
※そんな本はありません。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。