■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レジュメとカリキュラム


覚えた言葉をすぐ導入できる人とそうでない人がいます。
私は苦手なたちです。
いや、得意かもしれない。
何でもかんでも取り入れてるし、ここも謎ワードのオンパレードといえなくもありませんし。
でも、封印している言葉は多いです。
私の話はどうでもいいのですが、どうも人によって琴線が違うようです。

例えば大学に入ると「資料」の事をいきなり「レジュメ」とか言い出します。
フランス語らしいです。
大概の人はこれを抵抗無く使えます。
使えない人がいるかどうか分かりませんが、私はダメです。
まず、意味がよく分かりません。概要資料なんですが、何故これだけフランス語なのか分かりません。
それから、こっぱずかしいです。なんか、オシャレさんを気取ってるみたいで恥ずかしくていえません。
決定的なのは、ポケモンの名前みたいだからです。
「カリキュラム」もポケモンの名前みたいです。
それを考えるとにやけていけません。
こういう余計な所にリソースを取られているので物覚えが悪くて、頭の回転が悪いのは分かっているのです。
といっても、これもロマンシングサガなのでどうしようもありません。

つまらない事だとわかってはいるのですが、気になってしまう。
本来なら保留してでもつまづかないで次に進んだほうがいいのですが。テストの時みたいに。
そこは人情。なかなか難しいです。
レジュメが言えてもwwwwがタイプできない人もいます。
カリキュラムが言えてもら抜き言葉が許せない人もいます。
人によって様々です。
ある意味言葉の選択で個人を形成しているともいえなくもありません。

あまり、こだわらないほうが良いと言いたい所ですが、あまり寛容過ぎると個の範囲を見失う様な気もするので、大手を振っていえません。
今、私に言えることは他人の構える堤防は知ったこっちゃないという事と、「レジュメ」が言えなくて「テラヤバス」が使える私は、やっぱり相当、ダサイという事だけです。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。