■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

理論派


いきなり「理論的になるにはどうしたらいいですか?」とか聞かれても困ります。
いきなり、この書き出しも困ると思いますが。
そもそも、私理論派じゃないし。
すぽこん、だし。精神論だし。

でも、理論的思考にするのは簡単ですよ。
一言で済みます。
先に答えを置かなければ良いだけです。
逆に、先に答えを用意しておくのは宗教的とでも言うべきでしょうか。
アバウトですけど。
天動説とか。地球平らなの前提で話を進める感じ。
マジック関連で言うと、
種明かしはいくない、とか
手品にフラリッシュは入れるべきではない、とか。
縄文時代に長老が言った言い伝えを信じてやまない感じ。
あとは、そこにちょこちょこ適当な理由を付けて伝説にすればいいだけです。
マジックやフラリッシュをする人はあまり自分で頭を使わない人が多いのか、割と宗教的な思想に偏ってます、が。
かなり矛盾は生じますが、いいんです。黙殺。
私はそういう熱い展開の方が好きです。
ジブリ的なノリ。

例えば、おみくじなんてなんの効力も無い、と決め打ちするのは宗教的な考えです。
だって、って。
おみくじ引いて良くないのが出たら、木に結び付けるじゃないですか。
大吉はもってかえれっていうじゃないですか。
その割には、その不運を押し付けられた木は、枯れてない!
じゃん!
って、言います。
これは一見理論的ですが、「おみくじプラシーボ」であってほしいという信条から生まれた理論です。
なぜなら、私のように「大吉が出るまで無理やり引いて、不運を押し付けられてかわいそうな木に、大吉を結びつけて何とか相殺してプラマイゼロまで持ってく委員会」の存在を無視しているからです。

答えありき、の考え方も
都合の悪いことも全部取り込んで可能性を追う、考え方も
どちらもいいところがありますので取捨選択だと思います。

何の話だ。


スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /