■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

私を変えたマジック その1


たしか、私が最後に見たテレビでやっていた手品はこんなものでした。
大物芸能人の高級外車をスタジオに入れます。
大物芸能人が誰だったか忘れました。
高級外車もなんだったか忘れました。黒。
パジェロくらいでっかいやつ。
マジシャンも誰だったか忘れました。
その車はやけにピカピカしていたので、その収録の為に大物芸能人の所有物という体にしていた、だけかもしれません。

マジシャンは10円玉を取り出して車に引っかき傷をつけます。
悪がきがベンツにやる一本線です。
それを見たとき私は思いました。
おい!せめて500円玉でやってやれ。

大物があわわわ。観客席から悲鳴。マジシャン余裕顔。
どうすんだよ、って空気をよそにマジシャンは傷口に指を当てます。
すーっとなぞっていくと見る見る傷は消えていくのです。
きったねー指紋みたいなのは残りましたが傷は綺麗に無くなりました。
自分で傷を付けた事には目をつぶるとします。
車の傷を治したいという願望は私有車を持っている者なら誰しもが抱くものです。
でもですね、私はそれを見たとき、指を刺して言ってやりましたよ。
心の傷は一体誰が癒してくれるのかな!!

その時から私は癒し系マジシャンになることに心を決めたのです。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /