■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

最古のマジック

皆さんは最古のマジックというのをご存知でしょうか。
5000年前にさかのぼりますが、中国武術において暗器と呼ばれる武器が存在していました。
衣服や装飾品に収納できる武器を忍ばせて、有事の際にプロダクションして応戦するというものです。
中でも、その暗器を巧みに使いこなし、複数個、いや無尽蔵かの如く繰り出すエキスパートを「暗器使い」と人々は呼びました。
出てくる武器を何度となく奪い上げ破壊しても、雨のように降りかかる火気、刃に打ち崩され敗れ去っていった者たちは口々にこう言います。
「まじアルか・・・・」
まじかる。まじっく。
マジックの語源と言われています。

暗器使いといえば、らんま1/2のムースかヴァンパイアセイバーのレイレイです。
かくゆう私もレイレイ使いとまでは言えませんが、しゃがみ弱キック中パンチェーンからのヒット確認→天雷破、ぐらいなら繋げられるので、暗器使い使いと言えなくもありません。
小柄でスレンダーで巨乳のあの体から繰り出される数々の暗器、レイレイは暗器使い界のマドンナといえましょう。
勝利ポーズでフラリッシュしてるし。
天雷破が出せるともなればS級暗器使いの証です。

特に落ちもありません。
文鎮落ち。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /