■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

能ある鷹は爪を隠さずず


全く腹立たしい。けいおんをろくすっぽ見てもいないのにトランプがもらえるからって応募すんじゃねーよ。Roseとりーくろーめ。
大体yuuさんもせめてけいおんへの思いを証明しないと上げない制度にしなきゃだめだろうが。
まあ、私はグッズはいらないのでいいんですけど。そういう問題じゃないし。
fuziもfuziで何で呼び捨てなんだよまったく、年上だろうが。
おねいさんだろうが。

という様な事を考えていたら
「さかいさん何か言いたそうですね」と振られ「特にありません」と答えると、何故か「思う所ありまして」みたいな感じに捉えられて、「まあまあ」といった感じでなだめられます。
実際は「全然話し聞いてなかったけど、あとで議事録見ればいっか」としか思ってません。

この話で証明できることは、msさんは全然アニオタではないという事と、黙ってると賢そうに見られるということです。


能ある鷹は爪を隠すといいますが、大雑把に3つ意味があると思います。
1・無駄な殺生をしない
争いは次の争いを生むむなしい行為なので避ける。
必要な時だけ牙をむく。
吉良吉影の考え方。

2・先頭だと風当たりが強いので後ろへ
直前まで油断させて大事な所だけもって行く。
必要な時だけ刃を見せる。
スリップストリームの考え方。

3・ビジュアル系
そして最後に。黙ってると賢そうに見える。

このどうでもよさそうな3番目が一番厄介でして。
「能ある鷹は爪を隠す」という言葉があるからなのかどうなのかは分かりませんが、黙ってるとなんか考えてるように見えます。
言葉自体が意味に干渉してしまってます。
2番目と3番目が干渉しています。
欺くためには能を見せてはいけないのですが黙ってると能ありに見えてしまいます。
なので、能無しに見せるのには若干見せ気味の立ち振る舞いでバカっぽく見せなくてはいけません。
チョイ見せ。
本の引用をすくるらいのチョイ見せ。
四文字熟語使うくらいのチョイ見せ。
これで、「なんかこいつ必死で知識自慢して、自分を凄い奴だと思われたいのか。大した器じゃないな。」と思わせておいて、実は能あり。みたいな。
今の時代そのくらい踏み込んだバカさ加減を演出しなくてはいけません。
これがまた行き過ぎると普通に凄くなるので、絶妙なうざい感じの所で止めなければいけません。
そうしてチェックをはずす。
持論などを書いているブログを見て「こいつの考えあっさー、あたまわるそー」とか思ってる奴、油断するな後ろから来るぞ。
背中は私にまかしんしゃい。
めんどくさ。あほくさ。
2番と3番相殺で、1番だけ残してもらえばいいよ。

という様なことを考えていたら、本日2回目の打ち合わせが終わりました。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /