■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過大評価


過大評価されてるのを見て、ひがむ人いますよね。
何の世界でも。
マジックでもフラリッシュでもいます。
ひがむくらいしますよね。
ひがむくらい良いと思います。
でもなんか、正当な評価がされてない、とかって異議申し立てする人いますよね。
釈然としてない人いますよね。
や、それもいいと思います。
たぶん、祭り上げられて、尾ひれがついてるのが納得いかないのだと思います。

今回はですね。それの説明ですね。
実力と評価が比例するというのは幻想です。
そうであってほしい、というお願い程度の話です。
願望というか、自分の予想と違うのでご立腹なのだと思います。
実力と評価が比例する、という計算は穴があります。
関連性があるようで実はあんまりありません。
例えると、パチンコみたいなものでして。
実力というのは玉が穴に入るパフォーマンス。
評価は実際の出球です。

玉を打ち出して真ん中の穴に入ると抽選が始まるので、たくさん回ったほうが有利です。
たくさん回ったほうが当たる確率は上がります。
ここまでは関連性は高いです。
でも、実際、出球の量は当たってからの展開に依存します。
もう真ん中の穴はどうでもよくなります。
それと同じです。

だんあんとかアルスは確立変動に入っているので、何やっても当たります。
ノーマルリーチでも当たります。
はい、これで少しは腹の虫が収まったでしょうか。



読み返すと、要するに運?。msは「運だ」と言いたいのか。
ちがいます。
私が言いたいのは、1/100で600ハマるとか道徳的にどうなのよ、ということです。その前も500ハマったばっかりだしね。その後も400ハマッたしね。
人の道から外れていると思います。
正当な評価とか、まじどうでもよい。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。