■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

興味深い

お恥ずかしい話ですが「興味深い」というのがどういう感情なのかいまだに分かりません。
中学の時にインタレスティングという単語を習って、意味が「興味深い」でした。
まあ、いいやと思いつつ、「面白い」というのは英語でなんていうのかなと思って、調べたら
インタレスティングでした。
はぁ?
私の中で「興味深い」っていったら、マフィアのボスが黒猫+ブランデーグラス+葉巻で縄張りに主人公が入ってきて、部下から「ねずみが一匹侵入しました。」って報告が来て、ボタンを押すとでかい絵画が上に上がってモニターが出てきて監視カメラで主人公が映ってて、片手に探していた秘宝、ロマリアの涙を抱えていた時の「ほぅ、これは興味深い」の興味深いでしょうが。
決して、面白そうではない。
「興味深い」の感じは革の椅子に座る身分になってから分かればいいやと思っていたので、インタレスティングはどうでもいいやと思っていましたが、「面白い」と一緒にされると話は別です。
英語がアホなのはしょうがない。
日本語的に一緒なのかなぁ。
「興味深い」は前傾姿勢じゃないでしょー。
「興味深い」は落ち着いてないとダメでしょー。
「興味深い」は余裕がないといけないでしょー。
「興味深い」は上から目線じゃないと成り立たないでしょー。
あと、なんだろう、ちょっとした負け惜しみ感がないとだと思うんですよね。
その状態で尚且つ「面白い」ってどういう感情?
怖くて使えません。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /