■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

プロマジシャンになるには イス



プロマジシャンを目指している方お読みください。
プロマジシャンになるには何が一番必要か?
この問いに答える事ができるだろうか。
テクニック。話術。雰囲気を読む力。プロ意識。
いろいろ上げられるが、答えはキャラクターである。
キャラ。
それ以外は超スーパーどうでもよい。
実はこの解にたどり着くものは多い。
いわば第一関門である。
しかし、多くの者がここで躓く。
キャラ作り。キャラ作りとはどうすればよいか。
実はこの「キャラ作り」という言葉が、言葉のマジック。
キャラは作るものではないのだ。
キャラクターとはもう既に存在している。
これは無理をして自分自身を見失うなという事ではない。
キャラとは近づくものである。
椅子取りゲーム。
ビーチフラッグ。
棒倒し。
その類。
陣取り合戦をしながら椅子に近づいていくものなのだ。
陣取り勝負付きの椅子取りゲーム。
これが分かっていないと、迷う。躓く。倒れる。
目隠しをしながら迷路をさまよう様。

先に座ったものの勝ちなのだ。
決して2人は座れないその椅子に座ったものの勝ちなのである。
外堀を固め、虎視眈々と息を潜め、誰よりも早く座ったものがそのキャラクターを手中に収める事ができる。
取られたものはなんと言おうが後の祭り。
指をくわえた子供同然。
他の椅子を探すよりほかは無い。
それは、近くの椅子なのか、対角線上にあるものなのか。
はたまた、椅子から転げ落ちるのを待つか。
いずれにしろ、切り替えし。
その判断力が必要なのである。

空いてる椅子が見えねば辿り着けない。
丈夫な靴がなければ歩き続けられない。
あんさんのやわな足ではまず辿り着けん。
へルエッジロード。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /