■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫の皿

てんぐれん


こないだ、久しぶりにフリーで打とうと思って雀荘に行ったんです。
フリーっていうのは知らない人と打つ感じのやつです。
一人で行くのですが、都合よく席が欠けてることはそうそう無いので、大概、待合のソファーに座ります。
で順番を待つ、と。
待ってると店員さんがおしぼり持って「いらっしゃいませ」ってくるから、名前とか言ったり、ルールとか聞いたりします。
やることも無いので、店の雰囲気を眺めたりして、結局漫画とかを読みます。
むこうぶち、とか。
その時も、漫画を読んでいたのですが、左手の壁際の卓で半壮が始まろうとした時、少し目を奪われました。
なんか、席順か何かを決めるのに店員が客にトランプを引かせているのですが、そのトランプがジェリナゲなのです。
あのジェリナゲ。青。
用が済むと、箱にしまって、100均かなんかで買ったようなケースにしまいました。
カジノで使うようなポーカーチップを麻雀でも使うのですが、それと一緒のケースにしまいました。
まさかとは思いましたが、もう、むこうぶちは一切頭に入らなくなっているので、店員さんと世間話をする為にカウンターに向かいました。
「今の何決めてたんですか?」と聞くと、どうもセットのお客さんらしくて、トランプかしてくれと言われたらしい。
セットのお客さんというのは4人セットできた、つまり知り合い同士のお客さんです。ルールは勝手にやってるから、要するによく分かりません。
というか、使用用途なんて聞きたくも無いので、「はぁそうですか」とから返事をして「ところで」とポーカーのチップセットに話を切り返しました。
幸いにも、雀荘にしては珍しく、カジノで使ってるような本格的なチップだったので「それすごいいい奴ですね」という切り口で切り込めました。
手持ち無沙汰を装って、へー、なんつって、触らせてもらうことに。
チップはそこそこにジェリナゲに手を伸ばして確認。
チラッと見たときは偽者かとも思いましたが、これが本物じゃあないですか。
しかも、ほとんど新品。綺麗なもんです。
一瞬はしゃぎそうになりましたが、何か旋律が走りまして、ほえーと興味なさそうに返しました。
「こういうの高いんじゃないですか?」と聞くと「やっぱり、わかります?」ときました。
なにやら、本場から取り寄せたとかで7000円位するらしい。まあ、なんかチップ以外にもこまごました小物がついてるから、そのくらいすんのかな。
しらんけど。
「トランプも?」と聞くと、トランプは安くて、それはもらったとか言うではありませんか。
案の定ジェリナゲを認識していない。
「へー」
私、前からこういうの欲しかったんですよね。
「私、前からこういうの欲しかったんですよね。1万円で売ってくれませんか。」
罪悪感とか考える前にもう言っちゃってたのですが、1万円は悪いですよ、7000円でいいです、とか言うじゃありませんか。
「いやー、それじゃ、そちらに儲けもないし。悪いですよ。じゃあ、こうしましょう、そのケースとか含めて貰いますので、1万円。」
そういうことならって、事で、交渉成立ですよ。
そしたら、なんか、後ろから新品もって来るもんだから「いやいや、ちょっとまって、これでいいです。」です。
封開けた物じゃ申し訳ないっていうから、また交渉。
本当に気を使わないで下さい。私のようなごみ虫は中古品で十分でございます。
くらい言いそうな勢いでへりくだり、目の前のチップセットにしてもらった。
ふー、とため息をつこうとしたら、ジェリナゲを新品のバイシクルに換えやがる。
「だから、それでいいですって。」
って言ったら、
「いや、これはジェリナゲなので、ハイこちら。一万円。」
って。

え。
ちょ、ちょっとまってよ。え。
「ちょ、ジェリナゲの価値分かってるんですか?なんで、こんな扱いなんですか。」
って聞いたら、
「や、このケースに入れておくと、どういうわけか、たまにチップセットが1万円で売れるんですよ。」
だって。

ぐぬぬぬぬ。
ちなみに、1万負けました。
ぐぬぬぬぬ。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。