■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナザー 解析2

まずはこちらをご覧下さい。
ふじさんのブログ。
+=http://flourishes.blog129.fc2.com/blog-entry-417.html
まあ転記しますけど。

http://tvanimedouga.blog93.fc2.com/blog-entry-12719.html
上記URLより抜粋
-----------------------------------------------------------------------
雷は高いモノに誘導される性質があるから、周りに高いモノが無いだだっ広い場所なら傘を差してると落雷しやすいのは事実だけど、ああいう木々が生い茂ってる山道だと、雷は木の方に誘導されるから、木より低い位置にある傘には落ちて来ないんだが…
木に落ちた結果、木のそばにいた人が感電死する、というケースならあるが…
その点でも、あの距離感覚なら、雷が落ちた人の前後にいた人もフツー死ぬよ

ちょっと今回は雷についての知識が無い人が演出担当したんかねぇ?
原作通りなら原作者が雷の性質を知らなかっただけなんだろうけど、それならそれでアニメ化に際し、そのくらいは直しておけば良いのに…
大きな木のそばで雨宿りしてたら、木に雷が落ちて感電死した、とかにさ

-------------------------------------------------------------------------------

普通じゃないから落ちたんでしょ?
そんなこと言ってたらこのアニメ全部普通じゃないからw
----------------------------------------------------------------------------------------
///////////////////////////////////////////
はい。
完全にデコイにやられています。


雷の知識とか、そういうことを言ってんじゃねんだって。
まず、大前提として「傘をさしてるから雷が落ちた」なんて誰も言ってないから。
そこから騙されています。傘は傘。雷は雷。
「雷は高いモノに誘導される」そこまでわかってるなら、答えはもうすぐなのに。おしい。
答えは、
雷の落ちた生徒は背が高かった。

のっぽさんだったんですね。
映像では背が低かった?騙されてはいけません。
回想シーンです。あれは。
しかも、肝心な所をいつも度忘れしちゃう大人の回想シーン。
身長の50cmや1mそこら簡単に変わります。
これで全ての矛盾かが解決されます。
大体、傘は一回使ってるから、2回も使いません。そんな安っぽいことしません。

あそこで一番問題なのは、中学生が黒いコウモリ傘。
中学生はあんなダサいの持たない。
あと不自然な点は、この3点です。
・何故か微妙な距離を置いて等間隔で下山している
・示し合わせたように一斉に走り出す。
・先生が見当たらない。
雷が落ちた所を見たのが一人(忘れっぽい大人)しかいないのに、急に全員走り出す、連帯感。
チームワーク。

あれは、ブックオフの「いらっしゃいませ」の要素を取り込んでいます。

これはおかしい。
映像おさえてないだけで。
下手すると頂上付近で熊がでてて、2~3人もってかれてる。
きっと、先生がやられています。
そうすれば、それを発見した生徒が順番に走って下山していきます。
それしか考えられない。

普通じゃないから。と見せかけて、全て理由付けされているのです。
真実はいつも、ひとつ。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。