■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6000円の爪切りを持つ男

さんまさんが新潟に観光しに着ました。
フラリッシャーなのでおしゃれなカフェに入りました。
常識人なのでカメラは回していませんが、二人ともフラリッシャーなのでおもむろにトランプを取り出しました。
さんま「いやー、緊張しますね。」
スパッ。
えむえ「コーヒーでも飲んで落ち着けよ」
ポロッ。
さんま「緊張して、上手く手が動きません。」
スパッ。
えむえ「簡単なのから慣らせよ。」
ポロッ。
さんま「しかも、最近フラリッシュの調子が悪いんですよね。」
スパッ。
えむえ「そいういうときもあるさ。」
ポロッ。
さんま「マドンナがむずかしい。」
スパッ。
えむえ「そこはこうだな。」
ポロッ。

私は、緊張してないし、絶好調ですけど。
案の定、フラリッシュの話はあまりしてませんが、それでも少しした。

えむえ「ユベとオフカイするんでしょ。」
さんま「はい、でも遠いんですよね」
えむえ「めんどくさいの?」
さんま「そうじゃないんですが、11駅分くらい離れてるんですよ。」
えむえ「めんどくさいの?」
さんま「そうじゃないんですが、人ごみが嫌いなんですよね。」
えむえ「めんどくさいの?」
さんま「ゆべさんはファミレスでフラリッシュやってても大丈夫なのに、僕は怒られるんですよ。」

ラーメン屋に行く。
さんま「もう食えねっす」
えむえ「だから、カフェでホットサンド食うなっていっただろうが。」
漫画みたいなリーゼントの人が斜め前に座る。
さんま「・・・・・・・」
えむえ「・・・・・・・」
完食。店を出る。
えむえ「漫画みたいなリーゼントだったね。」
さんま「新潟の人は全員ああなのかと思いました。」

ちょっとした公園へ行く
えむえ「よしここで動画取ろう」
ポロッ。
さんま「ここですか。msさん。僕もキッドさんやアルスさんみたいにおしゃれなカフェで取りたいんですけど。」
スパッ。
えむえ「バカやろう、うちらみたいな2軍がわがままいってんじゃねー。」
ポロッ。
さんま「すいません」
スパッ。

ゲーセンへ行く
えむえ「どうだ、新潟は美人が多いだろ」
さんま「普通っすね」
けいおん、のゆいのフィギアゲット。
えむえ「どうだ、新潟はスカートがみじけーだろ」
さんま「制服がいねっすね」
msさん用事があるのでどっかへ行く。
msさん帰ってくる。
えむえ「景品ふえてるね・・・」
さんま「ちょっと機械がトラぶって、あの女の店員さんに言ったら、この棒をあそこの奥に当てるゲーム、一回ただでやらせてもらいました。」
うまい棒「めんたい!!」と「俺の妹がかわいいわけが無い」のばかでかいクッションとよく分からないキャラのマウスセット、をゲットしていました。
さんま「おれいものクッションどうやって持って行きましょうか」

2日目。第2次スパポロ対戦。

さんま「お土産、買いたいのですけど」
えむえ「酒かなやっぱ。」
さんま「うちの親、のまねーんすよね」
えむえ「じゃあ、笹団子?。」
さんま「どんなの、ですか。」
えむえ「ん?これに似てる。味は一緒。形が違う。」
(さんまさんからのお土産でもらった生八橋をかじりながら言う)
さんま「とりあえず保留します。」
えむえ「そうだ、油揚げがあったわ。」
さんま「じゃあ、それで。」
えむえ「でも、どこで売ってるか知らんのよ。」
さんま「・・・・・」
えむえ「とりあえず、出かけよう。」

えむえ「そういえば、金物があったわ」
えむえ「イギリス王室にも食器を卸しているという」
えむえ「金物の聖地、燕三条」
えむえ「2万円の爪切りとか、あんだぜ!どーん」
さんま「はぁ」
お土産センターみたいな所に着く
さんま「スプーンたけっすね・・」
えむえ「まじ、これを曲げてみろってんだ!この作り。完成度!」
客A「すいません。こないだ買った包丁、冷凍肉切ったら刃こぼれしたんですけど」
店員「肉は解凍してから切ってください」
えむえ「・・・・」
さんま「・・・・・」
えむえ「爪切りあったわ」
さんま「はぁ(まるで興味なし)」
えむえ「ほら、足の爪用とか。あるし。」
本格派の奴はニッパーみたいな形をしています。
えむえ「ほら、本格的なのとか。あるし。」
さんま「じゃあ、足の爪用買って行きます。」
えむえ「せっかくだから、良いの買えよ。それ足の爪用って書いてあるだけじゃん」
さんま「じゃあ、これ。」
えむえ「パッケージがダサいな。」
6000円のやつを見つける。
えむえ「これ買えば?はははは」
さんま「じゃあ、これ買っちゃいます。はははは」
えむえ「まあ、それはさておきこれとか。はははは」
さんま「耳かきもありますね。」
えむえ「耳かきはいいよ。何持ってんの?」
6000円の箱を持つさんま。
えむえ「これいいんじゃない。2000円だし。手ごろだし。」
さんま「いや僕これ買うんで。」
えむえ「そうだね。はははは。やっぱ、本格的なニッパー型のほうがいいかな。」
さんま「いや僕これ買うんで。」
えむえ「いや、もういいよ。そういうギャグは何度もやると逆にしらけるし」
さんま「いや、こういうのは値段ですから。」
えむえ「・・・・・」
さんま「良い物は高いんです。」
えむえ「落ち着け。ほら、これなんて、形も面白いし。1000円だし。」
さんま「僕、爪きりにはこだわりがあるんで。」
えむえ「はじめて聞きましたけど・・・。こ、これにしろよ。他では買えないやつだよ・・・たぶん」
さんま「世界のスワダなんで!!」
えむえ「(それこそ、お前も、今、初めて知ったヤツだろ・・・)」

購入。

えむえ「後悔・・・するよね。きっと。」
さんま「明日にはしてると思います。」
えむえ「お前は今、世界でもっとも良い爪切りを使っているフラリッシャーだ。」
えむえ「だんでぶが5000円のやつ使ってたら馬鹿にしていいぞ。」
さんま「おれいものクッションどうやって持って帰りましょうか」



ちょっとした公園へ行く
えむえ「やっぱ、雪が映ってる映像もほしいな」
ポロッ。
さんま「そうですね。」
スパッ。
雪にはまる。
雪ですべる。
えむえ「ぜんぜん、フラリッシュ成功しねー」
ポロッ。
さんま「そうですね。」
スパッ。
えむえ「ほら、カード投げると雪に突き刺さるよ!」
スパッ。
さんま「ほんとだ」
スパッ。
スパッ。スパッ。スパッ。
スパッ。スパッ。スパッ。スパッ。
えむえ「はははは」
さんま「ははは」
えむえ「はは」
さんま「は・・・・・」
えむえ「は・・・・・」
さんま「こんな事やってるから、いつまでたっても2軍なんすよ・・」
えむえ「そうですね・・・・」

えむえ「何か取り残し他の無いかな」
さんま「そうだ」
じゃすぱすのロボットダンスみたいなのを始める、さんま。
えむえ「ちょ、なってないな。こうだよ。」
さんま「おお」
えむえ「どうよ」
さんま「じゃすぱすを超えています。」
えむえ「それ!」
さんま「おお」
えむえ「ほれ!」
さんま「おお・・・・」
えむえ「こうじゃ!」
さんま「もう、いいんで。こんな事やってるから、いつまでたっても2軍なんすよ。」
えむえ「そうですね・・・・。帰ろうか。」
さんま「おれいものクッションどうやって持って帰りましょうか」


28のふのり、そばを食べ。
お土産を買い足す。
結局、梅酒影虎、梅酒他2本、笹だんご、栃尾あぶらあげ、三角ちまき、を購入。
さんま「おれいものクッションどうやって持って帰りましょうか」


えむえ「油揚げは焼いて食うんだぞ」
さんま「はい。笹だんごは電車で食います。」
えむえ「笹だんごはいいから」
さんま「いや、でも笹だんごはあったかいうちのほうがいいんで。」
えむえ「つう、か。笹だんごかぶれか。」

時間がまだあるので、喫茶店へ
えむえ「ここのコーヒーは本物よ」
さんま「あっという間でした。」
えむえ「最後にそれ教えてよ。投げるやつ。」
さんま「こうです。」
スパッ。
えむえ「むずい」
ポロッ。
さんま「こうです。」
スパッ。
えむえ「できねー」
ポロッ。
さんま「才能無いですね」
ポロッ。
えむえ「早いよ。決断早いよ。」
ポロッ。
さんま「無いものは無いですから。僕は出来ましたけど。」
ポロッ。
えむえ「もうちょっと、猶予をくれよ」
ポロッ。
さんま「僕は2ヶ月かかりました。」
ポロッ。

さんま「しかし、今回はありがとうございました。」
スパッ。
えむえ「いや、大したことしてないよ。」
ポロッ。
さんま「僕これでフラリッシュやめるかもしれません。」
スパッ。
えむえ「!?なんで」
ポロッ。
さんま「フラリッシュをやってきたのは神に逢う為で、最終目的を果たしましたから。」
スパッ。
えむえ「え?(俺はその神とやらに会ってないんだが。)」
ポロッ。
神「そ、そう言わずに、つ、続けろよ。(ヨシ!ライバル減った!)」
ポロッ。
さんま「カーディストリーに転向します。」
スパッ。
神「(ザケンナ!)」
スパッ。


改札へ。
さんま「お世話になりました。」
えむえ「かばん、パンパンだな。」

さんま、えむえ「じゃ。」

時間前後してますけど、つーか、半分フィクションですけどそんな感じ。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。