■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジシャンからタネを聞く方法

手品を見ると不思議ですよね。タネを知りたくなりますよね。
つい、聞いちゃいますよね。でも教えてくれないですよね。
今回はマジシャンから手品のタネを引き出す方法を伝授したいと思います。

まず、駄目な例からですが、
「種明かしはありますか?」
「種明かし、してもらえますか?」
これダメ。
2者択一式の質問は、その人のパーソナリティー(教えてくれ安い難い)に関係なく時と場合によってぶれるのでNGです。
というか、いいえ、と言われます。
2択である事それ自体が、いいえ、を選択する理由になるので、簡単に断られてしまいます。
では、お願い型はどうでしょう。
「種明かし、お願いします。」
これもダメです。
実は、タネ(tane)という響きにマジシャンは異常なほどに過敏です。
普段から「いくらでも教えてやるよべいべー」とほざいている私でさえ「タネ」と聞くとびくつきます。
初めの2文字でレベルEの警戒状態。緊張感が高まります。
さび付いた金庫に塩水をぶっ掛けているようなもの。
なので、早い話「タネ」という単語を使ってはいけません。
一番ダメなのは
「種明かしキボンヌ」
パリジェンヌみたいに言ってもダメです。
警戒心を高めるだけ高めて、教えてほしい感がまるでありません。これで教えてくれる人はよっぽど、ぱっぱらぱーです。

そもそも、マジシャンは「種明かし」という単語を聞くとそれがトリガーになって別モードに入ります。
種明かし回避モード。TKM。
マジシャンも修羅場を乗り越えてきた者になるとおのおのの種明かし回避テクを自前で用意しています。
そんなのに、種明かしを要求したら、ここぞとばかりに腕の見せ所。
普段から研ぎ澄ましている自慢の脇差の試し切りをしたくてうずうずしているのです。
オシャレが来ます。
アンチ鳥肌体勢の準備を。
TKMに入ると、もうタネを教えてもらうとか教えてもらわないとか、そういうゲームじゃなくなります。
自ら詰め牢状態に飛び込むことはありません。



どうやったら教えてもらえるかというと、一番簡単なのはマジシャンのフリをする事です。
マジシャンはマジシャンに対する警戒心がバカみたいに低いです。
ノーガード。
これから覚えようと思っているスタンスではダメです。
もう、やってる体にして下さい。1週間くらいでいいです。
「一週間くらい前から初めて、まだ何にも出来ないんですけど、基礎テクニックを練習してます。」くらいでOK。
簡単に騙せます。
下手に知ったぶるとすぐばれますので、何も知らなくていいです。
勉強熱心な感じで、好奇心旺盛にして下さい。
それでまずは、マジックの名前を聞いてください。
とりあえず名前を知ればネットで検索できます。
今の時代、名前を教えたら種を教えてるようなものです。
デスノート。
そこまでしたくない場合、もしくはオリジナルマジックで名前が無い場合は「!そ、それどうやるんですか?」とか「私もそれやりたいです!」とか適当な事言って懇願すればおせーてくれます。



なので、私に聞かないで下さい。
断れなくなるからって事ではなくて、これで誰でも教えてくれる様になるので、他で聞いてください。
めんどいので。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。