■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隕石は落ちない

好きなものを先に食べるタイプと後に食べるタイプがいる。
私は後者である。
理由は楽しみを取っておきたいのと可能であれば余韻を楽しみたいからである。
楽しみを取っておくというのは少し抽象的であるが、早い話がメインを先に持ってきて後を惰性にするのが嫌なだけである。

先に食べるタイプの理由を聞く。
お腹が空いているうちに食べた方がよりおいしくなる。
である。

どちらも理にかなっている。

子供のころよく
「次の瞬間隕石が落ちてきて食べられなるかも知れないから」
先に食べなさい。と騙されていたが、たまに大人になっても冗談か本気か同じことを言う人もいるが、いまだかつて隕石は落ちてきた事はない。
隕石は大袈裟としても誰かの呼び出しだったり予算的に食べられなくなったり、売り切れになったりとか食べられなくなる要因は確かに数多くあるのだが、やはりいまだかつて、遭遇したことはない。
現実問題としてこの理屈は無視すべきであろう。
確かに隕石の件は話として魅力的ではあるが、言葉に縛られてしまうと逆に窮屈になってしまう気がする。

どちらの意見も道理であるが排他的なので、つまりおいしいものを一番おいしく食べる方法がないことになる。
結局、好物はいつ食べればよいのだろう。
・好きなときに食べる
・2つに分けて最初と最後に食べる
・一番食べたいのだけ食べる
実際問題どれも難しい訳で、そもそも今までベストが出てないことを今私が1人でポッと答えを出せるわけもなく、結局今までどおりの「最後まで取っておく」に落ち着いているのでございます。

この問題はきっと手品の効率のよい見せ方を考える上で重要な意味を持ってるような気がする。(無理矢理マジックの話)


ところで、先に食べるタイプの本当の理由は
「いやな思い出がある」
からである。誰かに奪われたり、あるいは食べるのを躊躇して結果食べなかったり。よくいう、トラウマというやつである。
食事以外の事が理由かもしれない。
私が後に食べるタイプなのは、運も実力のうちなのか、実力も運のうちなのか、わからないが、ただ単に食べられなかった状況に遭遇した事が無いからだけかもしれない。


あーー。あと、「最後まで取っておく」理由はもうひとつありました。
食べたい人が現れたときにあげられる様にです。
私よりおいしい顔をして食べる人がいたらそれを見たほうが幸せなのです。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。