■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

進化論


キリンは高いところの葉っぱを食べたかったから首が長くなった。
と思っている人はもう既にいないと思うが、
進化の過程で環境に適応して長くなっていった、
と勘違いしている人は多い。
実際は首が長くなっても生き残れた。というだけである。
詩的言えば、
首が長くなったから高いところの葉っぱを食べることができたのがキリンである。
進化論において理由と結果は全て逆順である。
そこに意思は存在しない。

ソニーのビデオカメラがヒットした理由のひとつに、レンズのキャップがある。ソニーのビデオカメラはレンズのキャップが本体に埋め込まれていてシャッターみたいになっている。
スキー場の強風の中、紐に付いた脱着式のキャップがパタパタカチャカチャと撮影しづらい。
苦労していたユーザーを見て開発者は思いついたそうだ。
しかし、これはヒットしたから言える事であって、もっといいアイディアで埋没している商品は山ほどある。はず。
ただ、意思は存在する。

放り投げた言い方をすれば「勝てば官軍」なのであるが、意思があろうが無かろうが、理由は大概後付けである。
しかしながら、どちらが進化効率良いかというと意思があるほうで、しかもそれも断然である。

意思の無い過去に意味を見て意思のある未来を創ろうとするのが人である。

なんか、難しい話をしている様であるが、言いたい事は
「昔から変わらない味」
ってなんだよー!。そんなの自慢するなー!。
変えろ!。変えればいいじゃん。
美味くしろよ。なまけるな。
ピーマンは昔より絶対美味くなっている。

原案が一番すっきりしてて良いとか言うなー。
マジシャンは神話かおとぎ話が本当に好きである。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。