■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

学校でフラリッシュ


どうも同年代は幼稚に見えて学校ではあまりしゃべらない。
おかげさまで友達がいないというか、休み時間はいつも一人である。
授業の間の休みは携帯とかを見てやり過ごす。
昼休みは同じ形でさっさとパンを食べて、3階音楽室の前の踊り場みたいな所に直行。
本館と少し離れていて、人が通ることは滅多にない。
というか今まで一度も見たことが無い。
毎日そこでフラリッシュの練習だ。
その日は何故か先客がいて、それも異常事態。
女子が一人。壁に隠れてよく分からないが、どうやら泣いている。

鼻をかんでるだけならラッキーなのですが、めんどくさ、と思いました。
大体ここはもう「俺の場所感」が出来上がってますから「許可無く立ち入るな」くらいの事を考えてます。
無視して階段に座ってフラリッシュの練習をしていると、泣き止んだのか上から女子が降りてきます。
「それなにしてるの」と背中から聞こえてきたので、「手品の練習」と答えました。
ちょっと元気よく聞いて来たので、絶対泣いてたのごまかそうとしてるよ、と思いました。
名前は忘れましたが、同じクラスの女子です。
当時は苗字は知っていた気がします。
声で分かりました。
その子はちょっとした有名人で、芸能関係で活動みたいなことをしてるとかしてないとかの、有名人じゃないけど有名人です。
あまり友達のいない私でも知っています。
まあ、かわいいですよ。
そんなのだから、人気者かと思いきや、どういう仕組みか分かりませんが、この子もわりと、どちらかというと、クラスでは孤立してるタイプのようです。
よく分かりませんが、いじめというか、いびられたり、嫌がらせをされて泣いていたのかな、と勝手に思いました。
沈黙がなんとなく嫌だったのでマドンナをしながら「これはマドンナという」と言いました。
「なんだ名前あるんじゃない」と言われ、少し動揺してパーケッツを落としました。
「さかいくんておもしろいね」と言われ、何で名前知ってんだよ、と思いつつ、パーケッツを拾いました。
拾って何回かマドンナを成功させようとしましたが、その時はたまたまパーケッツがいう事を利かなくて、何回やっても失敗。
「これ難しいんだよ」と言うと「お互い道は長そうね」と言って去っていきました。
休み時間も終わりますし。
確か”沢”みたいな字が入った名前だった気がするが、最近テレビを見てないので有名になったかどうかは分からない。


という様な事があるかもしれないので常にトランプは持っていたほうが良い。
あと、女性の名前系のフラリッシュを一つくらい覚えておいた方が良い。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /