■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のグラフィックボード

パソコンが真っ暗になって止まりました。
電源を付けても、1/2くらいの確率でしか起動しないし。
起動しても、10分くらいすると、また勝手に暗くなって止まる。
こういうときは、大体
・ハードディスクのシステム部分とかにエラー
・メモリの接触
・マザーボードのショート
・CPU温度上がりすぎ
です。
でも、
・ハードディスクとかのシステム部分にエラー
・メモリの接触
の場合、大概青い画面になって文字がぴろぴろしますので、どうも違うらしい。
一応、ディスクチェックしましたがエラー0。
デフラグもして、なんか動きはよくなった。
10分しか持たないけど。

めんどくさいから、やりたくなかったけどパソコンのケースを開けて。
いや、パソコンのケースを開けるのはめんどくさくないのですが、その上に乗っかってるトランプをどかすのがめんどくさい。
置き場が無い。どかしましたが。
ケースを開けて、ほこりを取りました。
といっても意外と汚れていない。
・CPU温度上がりすぎ
では無いらしい。

・マザーボードのショート
かと思いつつ、打診してみました。
比ゆ的な意味ではなく、実際触ってみましたら、グラフィックボードが超熱い。
ホッカイロ30個分くらいの熱さ。
これかと思いつつ、でもまあ、このくらい厚くなるよなと思いつつ、下の方に指をやるとファンが回ってない。
最近のグラフィックボードにはファンがついています。
最近といっても10年前くらいからついていますけど。
今のグラフィックボードはごついです。
日曜日の朝にやってるヒーロー物みたいな格好をしています。
昔はもっと素朴で、電話機の中の基板くらい素朴でした。
基板を基板で例えるな。
ダブルスパイシーチキンマックデラックスとハンバーガーくらい違います。
いつからこんなになってしまったのでしょうか。
だから10年前くらいです。
グラフィックボードも重要なポストを占めてきたのでファンがついたのでしょう。

で、回ってないのです。見た感じ綺麗なのですが、ホコリでも詰まってるのかと、取り出そうとしました。
グラフィックボードのファンは下向きについていて、覗き込んでも様子が見えません。
で、まず、ドライバーが見つからない。
パソコンのケースは、以前メンテナンスしたときに、指で回せるネジに付け替えました。
グラフィックボードははずしたことが無いので、買った時のままのプラスネジです。
ドライバーが見つからない。10分くらい探して、ない。
正確に言うと、ボッシュのハンディの電動ドライバーはあります。
しかしながら、2cmくらい空間が足りない。
ねじ山の直線状にケースの横壁を固定するための枠がそびえています。
大した障害ではない。
ないのですが、なりがでかすぎて、電ドラが入りません。
マウスコンピューターとボッシュの仲が悪いらしい。
3回くらい、何とかして入らないか試して、あきらめてドライバーを探す。
見つからないので、あきらめて、10分も探せばいや寝かせれば、どうにかして入る様になってるんじゃないかと思い試す。
を3セットくらい繰り返し。
準備運動も出来た所で、ラジオペンチはありましたので、挟んでは1mmくらい動かすを続け、たかがネジ一本ですが、取れました!!。

見たら、ホコリがとてもありました。
とりたいのですが、とても入り組んでいます。
オペにはいくつかの択があります。
1.ピンセットなどを使って切開しないで取り出す
2.ネジをはずして分解して取り出す
3.グラフィックボードをカバーしているプラッチクをぶっ壊す。

3なんですよ。ふつう3は無い。
でも、いでたちが例のヒーロー物でして、ファンを覆いかぶす様にカウルがついています。
青い半透明のプラスチックのカバーがついています。カバーというか、洋服?
ピンセット程度の汎用器具では入り組んだ所に届かない。
ファンの間のホコリを取ったことがるひとなら分かると思いますが、ファンは羽がついていて、ただでさえ取りづらい。
獲物を捕らえたと思うと、くるっと羽根が回って、逃す。
逃がした魚は大きい。

ということで、2をまず考えるのですが、ご存知の通りドライバーが無い。
これもはっきりしないのですが、どうやらこれをはずすと、上下が分かれる。
オレオでいうところのビスケだけはずせる、というネジが4つあります。
ビスケだけ取り出すと、そのクリームと合わさってる所に、さらにもう一段階ネジ止めがされおり、それをはずすとカウルがはずせる。
変身が解ける。
の様な構造をしています。確信はありません。
その初めの4つのネジをはずすドライバーがありません。
電ドリありますが、これがまた、大きさが合いません。
グラフィックボードのねじの方が細かいのです。
また、ドライバーを10分くらい探します。
当然見つかりませんが、「この10分の間にひょっとして電ドリの先っちょが細かくなってるんじゃないか」と思い、また電ドリをグラフィックボードに当ててみます。
もちろんなっていないので、1の作戦に移ります。
耳かき、めん棒、毛抜き、を使ってほこりを取ります。
さっきピンセットといいましたが、実はピンセットも見つかりません。
ピンセットはあるかないか微妙です。記憶にありません。なのであきらめはつきます。
ドライバーもあるかないかの記憶は無いのですが、現状を考えると以前にメンテナンスをしたときにはずしたはずなのであります。
理論的に推理してあるはず、でなければ今の私は存在しない。
と思い、また5分くらい探しますが無いので、また耳かき。
「おいおい、恋人にもこんなんしてやった事無いのに、お前は何様だ」とグラフィックボードに嫌味を言って、耳かき。
座布団の中身みたいなのがわっさわっさ出てきます。
でも隅っこの奴とかなかなか取れません。
いらいらして3の選択がよぎります。
持ってるラジペンで、がっつりいってやろうか。
だって、そのカバーいらないじゃん。無用じゃん。
とりあえず、カバーについてるシールをはいでみます。
青いプラスチックのカバーほぼ全面に、分厚いシールが張ってあります。
商品名とかが書いてありますが、無駄に派手。
これ、熱放射の邪魔してんだろ。絵も暑苦しいし。
それも、どういう兼ね合いか分かりませんが、5mmくらい正位置からずれています。
熱でシールののり成分が柔らかくなって、剥ぎやすくなってるのだと思いますけど、それにしても何故、横にずれるのか。地面と水平ですけど。地球の自転の影響でしょうか。
コリオリの法則まで熟知した手練だったら全滅するぞ。
と、思いつつ冷静になり、やっぱり破壊はまずいと踏みとどまり、ドライバーを探す為立ちます。
そんなことをまたさらに3セットくらい繰り返し、まずまず綺麗になりました。
まだ回転はぎこちないけど、及第点。
組み直したら、とりあえず回ったので、良しとしました。

これが、決定打なのかどうかは分かりませんが、快調に動くようになりました。
試しにグラフィックボードを触ってみたら、超熱い。
熱さはあまり変わっていないようでした。
私の分からないレベルで変わってるのかもしれません。
ぎりぎりで働いているのかもしれません。
最近のグラフィックボードは画面出力だけじゃなくて、他の演算もしているらしいので、塾へ行ってる中学生くらい忙しいと思います。
グラフィックボードを止めているネジを指で回せるやつに変更して、パソコンケースを組み立てて、使い古したトランプを乗っけて、元の状態に戻りました。
前より快調に戻りました。
キーボードとテーブルの隙間に精密ドライバーがありました。

ようやく本題ですが、アドバイスです。
ドライバーセットを買う時は黒はやめたほうがいいです。
色がついた奴をお勧めします。

そうしないと立ったり座ったりして筋肉痛になります。
筋肉痛になりました。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。