■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

今年の間違った日本語大賞

世論調査により「今年の間違った日本語大賞」が発表されました。
「煮え湯を飲まされる」
「うがった見方をする」
「にやける」
「失笑する」
「割愛する」

「煮え湯を飲まされる」
こんなおしゃれな言い回しを生まれてから使ったことが無いので、あんまし気にしてませんでした。
信頼している人に裏切られる事を言うそうです。
確かに酒飲みがアツカンを頼んだ時に、思いのほか熱かった場合、
「これじゃアツカンじゃなくてアチャカンだよ!!」
という時の逆切れ度合いは凄いです。
多分そういう話じゃありません。

「うがった見方をする」
これは最近よく聞きます。
「msさんは相変わらずうがった見方をするね」とか
「msはうがった見方しか出来ないのか」とか
さっぱり意味が分かりませんでした。
意味が分からなかったので生まれてから使ったことがありません。
物事の本質を見抜く事をいうそうです。
本質ばかり見抜いてすいません。
私はどうやらウガンダさんが少なからず関与している事だと思っていたので、間違えた意味でとらえていました。

「にやける」
は、笑うことではなくて、なよなよしている事を言うそうです。
あなざーに出てくる、なよなよみたいな奴のことでしょう。
なよなよは公式ではないでしょう。
これは完全に間違えて使っていました。
にやにやすると混合したのでしょう。
そもそもそのにやにやが間違ったにやけるからから来たのかもしれませんが。
そもそもなよなよがにやにや。

「失笑する」
は、くだらなくて笑う気すら起きない事ではなくて、
思わず笑ってしまう事だそうです。
この文法で行くと失恋は、恋破れる事ではなくて、
思わず恋に落ちてしまうことでしょうか。


「割愛する」
は、略す事ではなくて、泣く泣く切り捨てる事だそうです。
心を鬼にする的な意味でしょうか。
愛は秩序を乱す。愛無き世界に希望は無い。
その狭間で生きている。


そう言われると、間違った日本語とかたくさん使ってる気がします。
「逆切れ」って使ってますけど、この逆ってなんの逆なのか。
と考えました。
これはきっと「逆恨み」から来てるのだと気がつきました。
切れるは血管が切れるほど我を忘れて怒る事だと思います。
なので、「逆切れ」は、逆恨みでかんしゃく起す事なのでしょう。
まあ、意味は大体あってますけど。
問題は読み方ですよ。
今まで「逆切れ」は「ギャクギレ」だと思っていましたが、ひょっとしたら「サカギレ」と読むのかもしれない。
サカウラミ経由のキレだから。
文章でしか読んだ事が無い。
そう言われてみれば、人が「ギャクギレ」って言っている所を聞いたことが無いような気がしてきました。
自分は言った事がある。
私がギャクギレって発音してるのを、みんな気がついていながらも、指摘しないで、小ばかにしていたのかもしれません。

これはかなり、うがった見方だと思います。
失笑していた人もいるに違いありません。
誰も教えてくれないなんて、煮え湯を飲まされた気分ですよ。
こんな事を考えるなんて、にやけてますかね。
少々気になりますが、こだわっていたらいいこと無いので割愛します。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /