■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だるまさんが転んだの

昔から、流行り物の飲み頃は牛の乳より難しいなんて事を申します。
カッと熱が上がったブームとやらは、一度熱が下がってしまいますと、もう後にも先にも手が付けられない始末でございます。
よく言われるのが「流行語大賞」などといって、これに出た芸人は次の年には拝めねえなんてジンクスもあるくらいで。
注目されるのも考え物てなことでございます。
逆にジワリと広まったものはなかなか火が消えず、廃れないのでございまして、炭火の如くと言ったところでしょうか。

知らない間に広まっていることがあります。
それに気がついた時は、既に遅し。
してやられた感に見舞われます。
気がついたらまだいいほうで、知らないままに変えられているものも中にはあり、そういったものはどういうわけか、長続きするんですよこれが。
最近、気がつきまして、飲食店。
エコ箸が当たり前になってきてるじゃないですか。
5年前くらいからじわじわ増えてきて、いまやほとんどエコ箸。
ラーメン屋もエコ箸。
まあ、エコ箸というか、普通の箸なんですけど。
大勢の人を扱う食堂なんかは、昔から普通の箸使ってますけど、外食店は割り箸です。
どっちが経費的に安いのかは分かりません。流石に普通の箸でしょうか。
外食店も本当はずっと普通の箸を使いたかったのかもしれません。
伝統的に割り箸を使っていたので、印象的に使えなかったのかもしれません。
それが近年のエコの流れに乗り、普通の箸へシフト。
エコの名を仮り、衛生面の所感もクリア。
民衆のハードルも下がり、市民権を得ています。
そんで、まあ、普通の箸の普及は誰でも気がつくやつで、炭火かどうか分かりませんが、問題は。

最近、お茶が出てこなくね?

エコ箸はミスディレクション。
エコ箸に気を取られて全く気がつきませんでしたが、お茶が出てくる飲食店が減っています。
ファミレスみたいなのが増えたってのもありますけど、そういうセルフサービス云々じゃなくて、水。
昔は定食屋行っても、蕎麦屋に行っても、外食屋に行ったら、まずお茶。
緑茶。そば屋はそば茶。
今は、冬でも夏でも、水。
水が多くなってきたような気がします。
頼めばあったかいお茶出してくれる。
的なポジション。
でも、たのみずらーいじゃーん。
そうやって、ノンティーソサエティーに飼いならされていくのですよ。
そもそもタダでお茶もらってた方が異常だったのかもしれない。
そもそも木の切れ端をわって箸の代わりにしていたほうが異常だったのかもしれない。
気がつけばもうそんな位置まできている。
市民権を得るには、ばれたらいけない。
だるまさんが転んだの要領が必要である。

それから、これはあまり知られていないが、すき屋は頼むとあったかいお茶を入れてくれる。


スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。