■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

催眠術の脅威

msさん超激烈おもしろい画像があるんですよ。見てくださいよ。
お腹がよじれないように気をつけてくださいよ。
はいここ。
と、言ってfuziさんが、とあるURLを教えてくれました。
アドレスは忘れました。
内容は「富山県がツルに見える」というもので、画像的には
+=http://2r.ldblog.jp/archives/6064941.html  
の1枚絵です。
見る必要はありません。
左から、フキダシのような形で赤い円の中に
「これが僕たちの住む鶴舞う形の富山県だ」
という、点線で描かれている鶴のイラストが恐らく言っているであろう台詞。
その点線と被るように背景で、富山県の地図のシルエットが描かれています。
少し離れて、右側にタイトスカートの女の子。
白い円のフキダシで「鶴が飛んでるみたいでしょ。かわいー」
という、シンプルなタッチのイラストです。

fuzi「ね。msさん。ほら。ね。」
さっぱり分かりません。
何が面白いのかさっぱり分かりません。
久しぶりにシナプスを高速でシナプスしました。
どうやら正解は
「富山県が鶴の形に似ていないのに、似てるって事で押し通している。」
というボケが面白いらしいです。
なので「全然似てねーよ!!」というべきでした。
もしくは「全然似てねーよこんちきしょー」

fuziさんが今世紀最大で面白いと言われたので、私は深読みしすぎてしまいました。
「鶴のフキダシが尻尾から出てて、これじゃー鶴が言ってんのか地図がいってんのかわかんねーよ。」
とか
「鶴が点線で存在感のない所がfuziさんそっくりですね。」
とか
「女子が左手だけ後ろ腰に回してるのはハンドガンを隠してるからで、これから鶴を打ち抜くんだろ。ほのぼのブラックユーモア系かよ。」
とか
「オレンジの靴はねえわ。」
とか
それぐらいしか思いつきませんでしたけど、全てはずしました。
私の指摘能力を見つめなおす必要があるようです。
危うく「鶴がしゃべるかよ」まで行きそうになりましたが、fuziさんが「もういいです」とタオルを投げてくれました。

「冷静に見てみたらそんなに面白く無かったです。」
とまで言ってくれました。
これがfuziのやさしさなのか、はたまた催眠術に掛けられていて面白いと感じていたのが解けたのか、それは分かりません。
ですが私は言いたい。
fuziさんあなたは決して洗脳されていたわけではなく、ましてやゴーストハックや催眠術でもありません。
このイラストに惹かれた理由はそんな陳腐なものではありません。
あなたは、右の女の子の絵に、じょしらくの手寅ちゃんの幼き頃の面影を見ていたのですよ。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。