■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天丼

お笑いの手法で「天丼」というのがあるそうです。
同じギャグやボケを間隔をあけて2回繰り返す事だと思われます。
これを聞いたときに私は思いました。
大阪には「びっくり天丼」という物がある。
そんな話をどこかで聞いたのを思い出しました。
びっくり天丼というのは店の名前ではなくて、天丼そのもののことです。
普通の天丼と違うのは、具の配置。
通常は天丼の主役の天ぷらはご飯の上に乗っています。
びっくり天丼は見た感じそれと同じなのですが、ご飯のしたにもてんぷらがあるのです。
埋まっているのです。
これにより、メインイベントを早々に消化してしまい、テンションだだおちしている食いしん坊に、セカンドインパクト。
うれしい誤算。
作り手の心憎い演出。
このように、思わぬ所で起こるうれしいアクシデントの意、だと思われます。
びっくり天丼も用語の天丼も同じ大阪。
これで私はぴんと来ました。
大阪の天丼は、つまりは全てがびっくり天丼。
一度でいいから食してみたい。そんな衝動に駆られます。
しかしながら、ここで一つ問題です。
びっくり天丼と分かっていて、びっくりするバカがどこにいる。
私はびっくりドンキーで驚いたことがありません。
つまりは、びっくり天丼は普通の天丼として売られている可能性が高いです。
仮にそれでもなお、知っていたとしても、一旦びっくりの事は忘れて挑まなければいけません。
そういえば、私の行くラーメン屋もドンブリのそこに、ゆず、が仕込まれています。
ゆず、といっても2人組みのフォークシンガーではありません。
柑橘系のほうのゆずです。
たしかにドンブリの底から2人組みが出てきて歌いだしたら驚きますが違います。
濃厚な背油こってりの新潟ラーメン。
食べ終わり近く、重くなってきた時に、さっとさわやかな歌声が口中を吹き抜けます。
やられた。
まあ、でも、何回も食べてるので入ってるのは知ってるのですが、やっぱり一旦忘れます。
一旦忘れて、驚きます。
そういったこちら側の協力も必要なのです。
それか、びっくり天丼なのに中に挟まってるのがハイチュウとかだったら驚きます。
ご飯だと思っていたら全部細かく丸めたハイチュウだったら感心します。

ところで、お笑い用語の天丼ですが、何でそういうかというと、天丼には海老天が2本入っているからだそうです。
なんかすいません。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。