■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

クリスマスは今年もやぁってくるっ

ここ2~3年「ニュースでクリスマスは中止になったって言ってたよ。知らないの?」というくそ薄気味悪い全然面白くないギャグが幅を利かせています。
クリスマスの盛り上がりに乗り切れないという自虐的な意味合いを込めたアンチテーゼをテーマにしたおもしろ。
というスタンスが1つ目。
とはいうもののやはりクリスマスの雰囲気は素直に楽しい。恋人同士とかそんなんじゃなくてイルミネーションや子供たちのうきうきしている姿を見ているだけでも楽しくなる。
という乙女チックなスタンスが2つ目。
やはり好きな人と過ごす、これが目標といってもよい。
ガッツリ系。なりふり構ってる場合じゃない。
最近はむしろこの潔い方が新鮮です。
という3つのスタンスがあります。
はあまあそうですか。
私はそもそもクリスマスなんてものの概念が無いですから、言われるまで気がつきませんでした。
という、クリスマス興味ないアピが4つ目のスタンス。
大体、日本人ですし。そもそもこれはキリスト教の文化で日本のクリスマスは本末転倒しています。
スウェーデンでは国家公務員でサンタクロースが正式に認められているのですよ。
あと、オーストラリアでは4季が逆転していますので、サンタクロースはサーフィンにのっています。
あとサンタ服の赤はコカコーラのCMから来ています。
という、ウンチク真面目系が5つ目のスタンス。

もう既にクリスマスとどう向き合うかが一つのステータスになっております。
私が子供の頃は申しわけ程度の存在だったクリスマス。
それこそ今のハロウィンくらい。
いつの間にか出世しました。
社会人になるとクリスマスは「商戦」と称されるくらい経済に関係するものだと痛感されます。
自分がどう思っていようが、クリスマスを否定することは出来ない。
これで少しでも盛り上がって財布の紐が緩まれば、経済が明るくなるのですから。
変な話このクリスマスが無かったらバブル崩壊以後の日本の経済は破綻していたかもしれません。
年末の寒い時期に他にお金を使う理由がありませんからね。
アメリカがくれた最高の贈り物と言ったらいいすぎでしょうか。
という、クールでアダルティーなスタンスがが6つ目。

ちなみに私はクリスマスは書き入れ時なのでそんな事を考えている余裕はありませんw。
という実践型が7つ目。

とこのように全部で7つのスタンスがあります。
キリスト教だから7つの大罪にもじられている訳ですね。
そういうわけではありません。
クリスマスには鼻で笑えないパワーがあります。
こんな私でもついつい分析してみたくなるのです。
という達観廚が8つ目。

まあ、子供はこんなせせこましい事考えないで、いいとこ取りのエッセンシャルで楽しんでるだろ、9つ目。

クリスマス009
re:christmas


サイボーク009の映画を見てきました。
003と009ができてるという事実しか残っていない。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /