■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マジックとは

:マジック=奇術=手品 条件

人によってマジックの定義はまちまちです。
やれ、
サクラをつかったんじゃマジックじゃない。
映像トリックをつかったんじゃマジックじゃない。
フラリッシュはマジックじゃない。
種明かししたんじゃマジックじゃない。
品がないのはマジックじゃない。
人を楽しませなきゃマジックじゃない。
不思議を体験させないといけない。
驚かせないといけない。
とか言います。

成り立つか成り立たないかは別として全部必要条件なので辛いところです。
ポケットから鳩が出たらマジックである。
とかなら十分条件になりますが、趣味で1人で鳩をポケットにしまってる人もいるかもしれませんしね。
そもそも、定義に十分条件使っちゃだめですかね。

病マジさんが前のコメントで
「奇術(マジック・手品)とは合理的な方法によって、観客の知覚を誤らせ、不思議の世界を体験させることを目的とした芸能である」
って書いてましたけど、これでマジシャンのコンセンサスは取れてるのでしょうか。よくわかりませんけど。

たしかに、これだと結構当たってるような気がします。
合理的ってのが難しいですが、
私はサクラも映像も合理的だと思うので、マジック。
フラリッシュは不思議がられるのでマジック。
不思議の時間範囲指定はないから一瞬不思議で後から不思議じゃなくなってもいいわけだから、種明かししてもマジック。
品は関係ないから、なくてもマジック。
楽しませる、驚かせるも関係ないのでマジック。
とまあ、こだわりマジシャンのこだわり定義は大体ぶっ飛ばされてしまうのですが、まあ、マジックでしょうね。
不思議の世界を体験ってどの程度不思議ならいいのかよくわかりませんけど、世界不思議発見はマジックなのでしょうか。

でも、この定義は無いでしょうね。
ゼンジー北京とかマギー司郎とかたまに全然不思議なことしないときありますが、あれはマジックじゃないということになります。
とかいうと、たぶん「あの人たちは特別」みたいな殿堂入り的なこと言われるんでしょうけど。
でも、まあマジックでしょうね。
じゃあ「観客の知覚を誤らせ、不思議の世界を体験させることを目的とした」
の部分を取っ払らえばいいのですが、そうすると「合理的な方法の芸能」になっちゃって、なんだかよくわかりません。
あと、この定義だとマジシャンがいなくても成り立ってしまうので、ちょっとイメージと違います。例えばハリーポッターの映画もマジックになりそうです。ドラえもんでもいいけど。

ならいっそのこと
「他人が認めるあるいは自称マジシャンがマジシャンとして行う演技の事」
ぐらいでいいのではないでしょうか。
これもこれで、何でもありになってしまいますけど。

ああ、きっと、マジックなんてはじめから存在しなかったんですよ。
幻想ですよ。


別に私はパソコンに詳しいわけではありませんが、会社のおじいちゃん達に呼ばれてキーボードを4~5回押す作業を頼まれることがあります。
エクセルの行が消えた、とか、写真が消えたとか、貼り付けできないとか、ファイルサイズ小さくしてくれ、とか、間違えてファイル消したとか。
気を使って、向こうは席を立ってくれるのですが、大体、腰を下ろす前の10秒で型が付きます。
そうすると嬉しそうな顔をして「マジックみたいじゃな」(じゃなとは言いませんが)と言って、目を丸くしてやり方を聞いてきます。自分は1時間ぐらい格闘しているわけですから魔法みたいらしいです。種を教えてもまた呼ばれますけどね。
こう書くと物凄い性格悪いみたいな感じになってますが、少なくとも私のつまらないカードマジックを見せるより断然喜んでくれますので、嬉しいです。
召喚魔法の方がレベル高いですし。

マジックをやろうとするのは難しいので、何せ定義が難しいので、難しい顔になってしまいます。それなら、ここは「マジックっぽいもの」で手を打っておくというのはいかがでしょうか。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。