■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ばばぬき

例えばフレンチキスはディープキスの事だと知ったときに衝撃が走る様に、知識にはひっくり返されるものがあります。
もしもしは間違った日本語だとか、暗いところで本を読んでも目は悪くならないとか、血液型で性格は判断できないとか、コーラで骨は解けないとか、重複はちょうふくと読むだとか、既存はきそんと読むだとか、ご苦労様は言っちゃいけないとか、低温火傷はドライアイスとかで凍傷するのと違うだとか、的は得るものじゃなくて射るものだとか、サラリーマンという単語は品のよいものではないとか、役職の後に「様」を入れてはいけないとか、「こだわる」という単語はいい意味ではないとか、大丈夫ですかと聞いちゃいけないとか、ノック2回はトイレのときだけだとか、スイートルームは甘い部屋の事ではないとか、うぐいすパンにうぐいすは入ってないとかです。

この辺は全く持って知らなきゃ良かった類です。
ぜーんぜん役に立たないにもかかわらず、人が間違ってると気になって仕様が無くなります。
それこそ、知ったときは目からうろこで、嬉しいです。
始めの2~3回はしたり顔でびしっと忠告したりなんかします。
この辺の話を相手の自尊心を傷つけないようにする話術は私にありませんので、大概腹を立たせて終わりです。
そもそも自分が知ってて何の役にもたたない事を他人に教えてどうすんだって話です。ただの音の並びだろうがよ。
正しいとか間違ってると言うの小学校に置いて来い。
結局沈黙するのですが、フラストレーションは溜まります。

最近で一番なのは「こだわる」で、前田知洋やってくれたなって感じです。前田さんも知っちゃってどうしようも無くなって本に書いてしまったのでしょう。いい迷惑です。
こだわるって単語にこだわってしまったのでしょう。
おかげで私もこだわってしまいました。
もう世の中「こだわりの味」とか「こだわりの逸品」とかで成り立ってんだからそっとしとけばいいのに、パンドラの箱開けやがって。

みなさーん「こだわる」って単語にいい意味は無いですよー。
前田さんが教えてくれましたよー。
使っちゃダメですよー。
しかも、それに変わる単語もありませよー。
(「志向の~」とかかなぁ。おいしんぼか!。)

ジョーカーが増えていくババ抜きをやっているみたいだ。
でも、私はこれですっきりした。おーさまのみみはろばのみみー。みーむ。

言葉の知識は重たいので持ち運ぶには筋トレが必要です。心の。
私は筋トレ嫌いなので全部捨てていきます。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。