■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫舌



昔、カップヌードルのCMでハリウッドスターのシュワルツネッガーが起用された事がありました。
カップヌードルをフォークで食べているのが印象的です。
はむはむ食べています。
これがなんかおしゃれな感じをかもし出しています。
それから、つまりツネガー以後、カップヌードルをフォークで食べるのも「あり」みたいになりました。
今でもたまにコンビニでカップヌードルを買うと「箸にしますか?フォークにしますか?」と聞かれます。
どんべえでは聞かれません。
実は、このフォークで食べるシーンは別に狙って作ったわけではなくて、しゃーなしでこうなったらしいです。
アメリカ人は箸でカップヌードルを食べられないそうです。
ラーメン好きのアメリカ人だって探せばいると思います。
アメリカ人全員じゃないとおもいますけど、シュワちゃんはだめらしいです。
箸を扱えないというのもあるのでしょうが、理由はそれでは有りません。
すする動作が出来ないそうです。
ずずずー。と。
子供の頃に麺類を食べる機会が少ないので、慣れてないとか。
まあ有名な話ですね。
みんなこれを知った時、こぞってアメリカ人をバカにしました。
欠陥品じゃねーかと。
たしかに、ラーメンをはむはむ食べるやつが目の前にいたら食べる気がそがれます。
でも私はそれは言いすぎだと思います。
特に理由は有りませんが言いすぎだと思います。

なんというかこれは
・小指だけ単独で曲げられない
・しゃがんだ時にかかとを着けられない
とかと同じたぐいですよね。
こういうのを見つけた時に、鬼の首を取ったかのように言う人がいますが、余裕を見ていただきたいです。
今まで生きてていらなかったわけで、じゃあもういいでしょ。
あと、「子供の頃にやっていないと、できない」というのはただの脅しだと思いますし。
私も、小指だけ単独で曲げられませんでしたが、練習してたらできるようになりましたし。
すするのだって、ずっとやってたらできるでしょ多分。
「子供の頃にやっていないと、できない」という人はよっぽど諦めが早い人か、それこそ欠陥人間なのでしょう。

それで、何の話かというと、猫舌ありますよね。猫舌。
熱いものが苦手な人の事の俗称。
その猫舌も上のグループのたぐいらしくて、要するに熱い食べ物を口の中で扱うのが下手なだけらしいです。
温度の感度はみんな共通という事で。
猫舌の人は軟弱なイメージが有りましたが、そうじゃなくて不器用ということで。
逆に無骨な感じもします。
私自身は猫舌じゃありませんし、むしろ熱いものの方が交戦意識が高まるというか、まあ温かいほうが美味しい派です。
と思っていたのですが、最近スタバとかハイカラな喫茶店が増えてきた事とあいまって、必然的に私も買う機会が多くなります。
ホットコーヒーしか買わないのですが、あの蓋。
蓋の所にマンションのミニュチュアみたいな突起が出ていてそれを指で押すと、倒れて屋上が地下10階みたいになる構造のやつです。
今の説明で全員分かったと思いますが、分からんやつは買ってください。
あれでホットなものが飲めないのですが。
熱すぎるからです。
自分は猫舌じゃないと思っていただけに打ちのめされました。
若い連中はこれで飲んでいるのか。
おれはおっさんだからダメなのか、と思いました。
私の記憶では大昔にこの蓋つきのカップが一度出回ったと事があって、結局誰も飲みこなせないということになって、一旦普通のただの蓋のバージョンになったはずです。
にもかかわらず、スタバとかの関係で復活。
若者は飲みこなしているのです。
初めはしゃらくせい、と思って蓋を取って飲んでいました。
しかし、しばらくするとなんか負けた気がして、悔しくてコーヒーの味が変わります。塩コーヒーになります。
美味しく飲むために私は特訓しました。

で、ここから本題です。
あれがうまく飲めない人の為に、ちっちゃい穴から熱いものを飲む講座です。
まず、先入観を拭い去りましょう。
どうしても、すする動作をしようとしますが、これは厳禁です。
熱気と恐怖でのどがやられます。
上唇でやさしく穴全体を包み込み、むしろ少し息を吹きかける感じにします。
紙パックのジュースでストローから息を吹きかけて逆説的に飲むのと同じ原理です。
そうすると、すっと口中で冷めさせることができるほどの量の熱いものが乗っかってきます。
これの繰り返し。

やれば人間、何でも出来るというお話です。
ちなみに韓国に行くとこの蓋が、蓋の原理は同じなのですが、口のところが3つにい分かれていまして、ストローみたいになっているそうです。それで、飲んだ時点でそんなに熱くないのがくるとか。
猫舌対策が進んでいるらしいです。
やれば人間、そういうことも出来るというお話です。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。