■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤリヤリ君

エバンゲリオン(以下.バンゲリ)の劇場版、序、破、Q、の3つをDVDレンタルしてみました。
レンタルビデオしたのは10年ぶりくらいかもしれない。
Tカードを作りました。
袋がかわったなー、と思いました。
私が借りていた時代はVHSのテープとDVDの過渡期だったので、あの万引き防止の赤外線センサーみたいなのを通る為に品物を入れる袋がごっついやつでした。
重厚な2重構造で手提げなどない無骨な袋です。
大きさは大きいノートパソコンくらいの大きさで、ビデオテープ4本くらい入れるとパンパンになっていました。
どこのお店に行っても大体青い布地の袋で、中はなんか金属調の鉛でも入っているんじゃないかという様なグレー。
X線センサーどころか核攻撃からも守ってくれそうです。
核戦争が起きて人類が滅亡してもエロビデオだけは生き残したいというビデオ業界ならではの粋な計らいだと思っていました。
最近はビデオテープが無くなったからか小さくなっていました。
エコバックより薄いのではないかという様なうっすい布地でブランド化粧品屋でマスカラ買ったらもらえそうな黒の袋になっています。
これじゃあ、核攻撃どころか電磁波センサーからも守ってくれないよ。
と思いましたが通れました。
ひょっとしたらこんなものは、こけおどしなのかもしれません。
でも、前にごっつ青袋がなくなったとかで、ビデオ屋の店員がスーパーのビニール袋にビデオを入れてくれて「そのまま通ってください」と言われたときはなっていたので、やっぱ鳴るんでしょう。
なんか今の時代だったらGPSつけて一つ一つの所在が分かるようにもできそうですが、しないでしょうね。

そんなことよりバンゲリです。
序と破は前見たことあるし、パチンコで演出を死ぬほど見てるので特段感想はありません。
死ぬほど見てるというか、どちらかというとアニメーション見れなすぎて死にそうですが。
Qを見ての感想は、まず「モード:トリプルセブン」とか言っていたので、またパチンコ用か、と思いました。
その次に音楽がナディアのやつだなと思いました。
赤木博士が髪の毛を切っていたのもエレクトアさんみたいな名前の人の真似したんだと思いました。
そういや序と破の感想有りました。
改めてみてありました。マヤ中尉は口を開くたびに「まさに~~」と言っているなと思いました。
「まさに血の海ですね」とか「まさに八方ふさがりですね」とか「まさに」要員だったのですね。
Qではマヤ中尉がいなかったので赤木博士が代わりに「まさに」と言っていました。
カヲル君がいい事言っていました。
というか、私がいつも言っていることですが。
シンジ君がピアノの練習をするくだり。
シ「かおる君どうしたらうまく弾けるのかな」
カ「うまく弾く必要なんてないさ。自分が楽しいと思える弾き方をすればいい。」
シ「じゃあ、どうやったら楽しく弾けるのかな」
カ「反復だよ。自分が楽しいと思える音が出せるまで繰り返してやるしかないね。」
みたいな。ちょっと細かい所までは忘れましたが、そんな感じ。
ほらーーーーこれーーー、フラリッシュにも言える事ですよ。
私が言っても鼻で笑われるだけでしたが、カヲル君もいってんだから間違いないし。
自分が楽しいと思える動きができるまで反復するんだよ。うまくやる必要なんて無いんだよ。それがフラリッシュだよ。
フラリッシュブログっぽい事いえたーーーーーーー。

はい。それでは最後に一番印象に残った言葉。
ロンギヌスの槍みたいなのを引っこ抜く時のシンジ君の一言
「ヤリがあればやり直せる。」

ダジャレ・・・ですよ。

ヤリがあればやり直せる。
ってダジャレじゃん。

ヤリがあればやり直せる。
ここ一番のシリアスシーンでダジャレ。

ヤリがあればやり直せる。
2文字のダジャレ。

ヤリがあればやり直せる。
それは突然のダジャレ。

ヤリがあればやり直せる。
現実世界にい引き戻すダジャレ。

ヤリがあればやり直せる。
モード反転裏コードダジャレ。

ヤリがあればやり直せる。
ダジャレインパクト。

ヤリがあればやり直せる。
まさにダジャレですね。

そこはもうちょっとなんかあるでしょ。
元に戻せる、とか、元通りにできる、とか、最初とか初めとか振り出しとか。
ヤリヤリはないよ。
ヤリヤリ君の後は全然覚えてません。
大体、序破急の急がアルファベットのQになっているあたりから怪しいと思っていたんですよ。
カヲルって名前も一文字戻すとオワリになるとか。
死者と使者がかかってるとか。
結局ネルフの連中は私たちに自慢のダジャレを披露したかっただけなんですよ。
4作品目はIだったので愛とかけたとか言うんでしょうか。
インフィニティのIかな。
「エバンゲリオン:|」とiの前にコロンが着いていたので、楽譜で言う所のリピート繰り返しの意味かもしれません。読み方は知りません。
輪廻的な。
いい感じになるまで反復するみたいな。
私たちはいつまでダジャレに付き合っていかなければいけないのでしょうか。
計画通りなのはゲンドウさんだけだよまったく。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。