■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

ワイルドカード

リセットというマジックは不思議な位置づけで、私の勝手なイメージですが、
初心者には高嶺の花、中級者は大好き、上級者になるといまいちと言う。
上級者の人に言わせると「現象が難しすぎて伝わりにくい」とか「他にももっといいプロットがある」とか不遇です。
ですが、私の少ないマジック披露経験上だとリセットが一番面白かったと言われます。
何なんでしょう。
私のよくやるリセットはなんとかさんが考えたステラという手順とほとんど同じで、ハンドリングが派手になっただけですが、最後は混ざるようになっています。
元に戻っていないのでリセットじゃないとかわけの分からない事を言う人がいるかもしれませんが、リセット系です。
ちなみに、これからはトライアンフ系はインバーター現状と呼ぶことにしました。
リセットの核は入れ替わり。
同時に2つの物が瞬間移動するところです。
一番驚いてもらえるのは一枚目を入れ替える所で、
後はどさくさにまぎれて、ささっとやれば成功します。
細かい事を言うと、一応「裏向き一枚」→「表向き一枚」→「2枚同時」→breaktime→「4枚同時」→「4枚同時に精密操作」と現象がステップアップして行くのでまとまった構成だと思います。
少し行儀が良すぎてつまらないような気もしますが、少なくとも現象は瞬間移動に特化していて、分かりやすいです。

何がいいたいかというと、リセットの弁護です。
なんか不当な扱いを受けているので肩を持ちます。
やれ、改案中毒者がたくさんいてウザイとか、ワイルドカードほうが現象が強烈だしいい、とか。
大体ワイルドカードは全然現象違うし、準備するのにごてごてします。
はっきり言って、ワイルドカードは表示変化系なのであんまし良いカードマジックでは有りません。
トランプのユニーク性を崩すので前後とのマジックとバランスが取りにくく場を荒らします。
はた迷惑で、お下品といえましょう。
それとリセットを比べるなどとは言語道断。
性質から何から違います。
品が無いのが良いとか悪いとか言うわけではありませんが、比べてもらっては困ります。
簡単に言うとワイルドカードはトランプじゃなくてもできますが、リセットはトランプじゃないとできません。

長いので終わりにします。
話をまとめるとワイルドカードは雑草マジック。リセットはどうでもよい。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /