■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

ロールキャベツ系男子

草食系男子というのは恋愛に対して積極性がないタイプの男性の事を表す言葉らしいです。
ベジタリアンの事ではありません。
それに対して肉食系という言葉があるので、うまい事ベジタリアンではないことが暗黙的に分かります。
肉だけ食べて生活している人って聞いたことありませんし。
もともとは草食動物のように大人しい立ち振る舞いをする所から、きているのだと思います。
イメージしやすいです。
肉食動物は目を光らせてがっついている感じがしますし。
それで、最近はそれが発展して「ロールキャベツ系男子」とか「ピーマンの肉詰め系男子」とか言う言葉も出てきたそうです。
一見大人しいが中身は狼。男は狼。という事をあらわしているそうです。
「あすぱらのベーコン巻き系男子」とか言うのもあるそうです。これは反対に一見意欲的だけどいざとなったらなよなよしている人の事だそうです。
これが非常に納得できません。
なんで、食われる側になってるのか分かりません。
草食系だったら少なくとも食べる側の立場なので、肉だろうが野菜だろうが、ロールキャベツよりつえーだろ。
仮に草食系が食べられる側になったら肉だし。
もう立場がごっちゃごちゃですよ。
わけわからないですよ。
細かいこと言ってすいません。
100歩譲って、ロールキャベツを成立したとしましょう。
食べられる側としての例えで良いですよ。
そうすると、もとの草食系男子って言うのが「大人しいタイプの人間を好むタイプの人間」ということになって、元の意味が逆になっちゃうじゃないですか。
生みの親になんて事するんですか。
肉食系女子だと「積極性のある男性を好むタイプの女性」になっちゃうし。
自分を生み出してくれた、語源を否定してしまうなんて。
ドコモが固定電話を減らしているようなもんですよ。
じゃあいいか。
それとも、あれでしょうか。
B級映画の名作ホラー「キラーコンドーム」を想定に入れた、ロールキャベツが人類を襲うイメージで考えればいいのでしょうか。
この場合人類とかじゃなくて、ロールキャベツがサバンナを駆け巡るイメージをしないといけないですかね。
C級。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /