■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揚げ物

手品を始めると、他のマジシャンがうまいかどうかすぐ分かります。
うまいというは素人か玄人かという事です。
テクニックとか間の取り方とか、自分という比較対象があるので判断が簡単です。
でも、手品をしない一般の人は判別つかないと思います。
別に面白かったらそれでいいのですが、一応、一発でそやつが素人か玄人か見分ける方法がありますので紹介します。
クロースアップマジック専用ですが。
「指を鳴らしてカードを振ってあげます。」
という台詞がよく出てきますが、これを言ったらへっぽこマジシャンです。
自慢じゃ有りませんが、私もへっぽこりんなので、よく言います。
ついつい言ってしまいます。
何がへっぽこなのかと言うと、この言い回しだけで2点ありまして、1個は日本語が間違っている所と、もう1個はおまじないの意味を解釈していない所です。

何で間違ってるかはそんなに重要じゃないので簡単に説明します。
「○○あげます」というのは、一方的な活喩法として間違っています。
例えばカードを当てるのに「指を鳴らしてあげます」といった場合、お客さんは別に指を鳴らす事を望んでませんので、お客さんに言っているわけではありません。もし望んでても「あげます」はまずいですけど。
自分かトランプに言っています。
トランプは物なので意思はありませんから、擬人法です。トランプが指を鳴らしてもらいたいと渇望している前提は何の説明もなしに成立するものでは有りません。
話の流れから指を鳴らしたい意思があるのは自分なのに、自分に「○○あげる」は「発信源の回帰呼び出し」となりデバックエラーです。
正しくは「指を鳴らします」というべきです。

「指を鳴らしてカードを振る」だとおまじないは2個になるのですが現象が一個です。
「多重修飾による対応性の欠如」が生まれます。
先ほどまでは指を鳴らすだけで起きていた現象が今回はカードも振らないといけないというような状態が生まれます。
特に理由がない状態で、その様に対応性が失われる事は話しの理屈が成立しなくなります。

何故この様な事がおきるかというと、「みんな言っているから」と「そっちの方が語呂がよい」からが大きな理由だと思います。
私もくせになってるのでついつい言ってしまいます。
で、ここからです。
そういった間違いはまともなマジックサークルなどに所属していた場合、まず第一に修正される内容なので、絶対に言いません。
裏を返すとこのような間違った言い回しを使う人は、あまり人目に触れずに、あるいはフィードバックのない環境でやり続けていて、改善されている点が少ないと予想されます。
独りよがりで、理解しづらいプレゼンテーションになる事が想像に難くありません。

と言いたいところですが、テレビに出ている一流とされているマジシャンも言っていますので、あんまり当てになりません。
でも、そいういう怠惰な言い回しを惰性で使っている人は考えも浅くポリシーも無いので、やっぱへっぽこだと思います。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。