■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

笑い男の出し方

もうレインボー笑い男を見た方も結構いるのではないでしょうか。
言い忘れていましたが、笑い男を出したい人はご自信のブログでも出す事ができます。
やる事は2つです。
ブログのテンプレートみたいな設定があると思いますので、そこを開きます。
(エキサイトブログはセキュリティの関係で設定できないらしいです。脆弱性を気にしているらしいです。)


1つめ
headタグの間のどこかに
----------
<script type="text/javascript" src="http://blog-imgs-38.fc2.com/s/e/c/section009/tachikoma_06.js" ></script>
----------
上の行をコピーして貼り付けます。
<head > </ head > は初めの方のところです。</head>の直前に付け足せばいいと思います。

二つめは
<body >
というタグがヘッダタグのすぐ下辺にあると思いますので、これを
----------
<body onload="tachikoma(50,20,20,800,500,3,75,100);" >
----------
に書き換えます。
<body >じゃ無くて、他にもなんか書いてあるかもしれません。
< >のなかに onload="tachikoma(50,20,20,800,500,3,75,100);"
を記述する事が目的なのでその時は臨機応変でお願いします。

以上です。
「笑い男を出す」ってのが何なのかは、めんどいので、説明しません。

/////////////////////////////////////////////////
このままだとあんまし出ません。
tachikomaの括弧の中に数字がいくつか書いてありますが、これで確率などを調整できます。
左から
■「50」は初回抽選確率です。
50回に1回出るチャンスを抽選するということです。50分の1ということです。初当たり確率ですね。
ページアクセスごとに抽選されますので50回更新すればおおむね1回でる計算です。
逆に言うと50回の内49回は何の変哲も無いページということです。
ただ、知っていると思いますが当たっていてもいきなりは出ません。
■2番目の「20」が時間サイクルです。
20秒に一回出現抽選を行うということです。
だから、20秒以上待たないと当たっているかどうかの判別はつきません。
■3番目の「20」その抽選確率です。
20秒毎に20分の1の抽選が訪れる事になります。
初当たりさえしていればいつかは出ます。
■4番目の「800」はX軸の出現許容です。
出現する場所はランダムですがあんまりページの右に行くとうざいので、制限しています。
マウスを持っていったときにワープするのもこの範囲内での移動になります。
■5番目の「500」はY軸の出現許容です。
4番目と同じ、縦の話です。
■6番目の「3」は出現個数です。
3にしておくと最大3個まで出ます。
あんまり、沢山出ると重くなるので制限を設けています。
最後まで行くとレインボー笑い男が出ます。
だから、1にするといきなりレインボーです。
最後まで行かない場合もあります。
パンクがあります。
■7番目の「75」がその継続確率です。
75%の確率で次の抽選権が持続します。連荘率ですね。
1コ出現した時点でこの抽選が行われ、抽選漏れすると、2個目はいくら待っても出ません。
■8番目の「100」は笑い男の大きさです。
このページで出る大きさが100です。
2000くらいにすると迫力はありますが、下の文字などがクリックできなくなるので、邪魔でしょうがありません。

/////////////////////////////////////////////////
なので、動作確認としてまず
tachikoma(1,1,1,800,500,3,95,50);
とかの数字にすれば確実にすぐ出ますのでお試しください。

動作確認はクロームとIEとスレイプニルでしかやってません。
あと、このブログが消滅すれば当然笑い男も消滅します。
script_ms9
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /