■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

言葉遣い

私は自分でもいやになるほど言葉遣いを気にするタイプで、コンビニで買い物するだけで滅入ってしまう事があります。
よく言われるのが、代金貰うときに「1000円からでよろしかったでしょうか」
「から」ってどこまでやねん。
とか
「よろしかった。」じゃなくて「よろしいでしょうか」だろ。
など。
方々からの指摘をよく聞きます。
日本語の文法的におかしい。

こういうのを気にしているひとは心が狭すぎだと思います。
文法とか。別にいいじゃん。
細かい事は気にスンナよ。
そいういうんじゃなくて、私はこれです。
「2番目にお待ちの客様どうぞ」
カウンターなどが混んで、お客さんが並ぶと第二レジが開放されます。
その際に店員さんがいうやつです。
2番目に待ってる人どうぞっていうのは、2番目だから、1番目に待ってる人は行っちゃだめなの?
公認の割り込みなの?
それとも今レジを打ってもらってる人も「待ってる人」にカウントされるの?

と、こういうの気にする人がいますが、人間がちっちぇと思います。
重箱の隅をつつくような揚げ足を取る人間にだけはなりたくないです。
そうじゃなくて、私が気にしてるのは
「私がもしインターハイ選手だったらどーすんのよ」
ということです。
インターハイ選手じゃないけど。
勝負事に触れてる人間は「2番」って言葉に敏感だと思うんですよ。
やっぱり「1番」取るためにがんばってるんだから。
午前中、1番目指して練習して、お昼休みにのどを潤そうとコンビニにゲータレードを買いに来て、そこで「2番目にお待ちの客様どうぞ」って「おれはどうがんばっても2番目なのかそうなのか」ってふさぎ込んだらどうするんですか。
勝負師ってのはそこんとこデリケートですから、私だったらめいりますね。
インターハイ選手じゃないけど。
じゃないけど、もしそうだったらとおもうと、はらはらします。
配慮のある発言ができる人間に成りたいと思います。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /