■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

若いやつは葬式行くな



私が若い時、先生の恩師が亡くなったとかで、葬式に出なさい、といわれました。
これは出なくていいです。
ちょっと先生があほです。
葬式なんて誘われて出るもんじゃないし、飲み会じゃないんだから。
私もそうでしたが、若いうちは、具体的に言うと30までは、なんとなく知り合いが亡くなったら葬式出るべきかと思っていました。
が、基本的に出なくていいです。
個人的には1親等、つまり親の葬式だけ出ればいいと思います。
その場合出るって言わないかもですけど。
若いうちは兄弟とかじいさんばあさんのも出なくていいと思います。
今思うと葬式というとテレビとかのニュースでみるような有名人のやつのイメージだったので、それで勘違いしてたのかと思います。
あれは、なんか、体裁みたいなのが絡んでるからで、政治的背景みたいなのがあるから行くのだと思います。
それでなんかそれが常識のような気がするみたいな。

いったって何の役にも立たないし。
普段、「運は確率だ」とか「宗教は金儲けのためだ」とか言ってるくせに、なんか葬式の時だけ「行かないと薄情」みたいな支離滅裂。
もう死んでるんだからどうしょうも無いじゃん。
魔法のパワーで生き返らせられるっていうんなら話は別ですが・・・・もしかしたらちょっとそう思っていくのかもしれません。
どうこねくりまわしたら「行かない」のが「薄情」になるのかわかりませんが、死んでからひょこひょこ行くほうがよっぽど、無神経だと思います。
もしかしたら、「死体を見たい」とか「人が沢山集まってるから」とか本当に無神経な理由でいきたいと思っている人もいるかもしれませんが、
それでも行くべきではないでしょう。

私の短い経験上ですが、これが最大の理由です。
葬式で会った人は葬式でしか会わなくなる。
なんでかわかりません。
ネガティブなところでネガティブな自分を見せてネガティブな相手を見るわけですから、少なからず疎遠になる。のでしょうか。
これから多くのネットワークを広げて人脈を増やさなきゃいけないっていう若者がそんなノーメリットの事などすべきではありません。
誰になんと言われようとも葬式は拒否。
どーしても、それでも、っていうのなら、葬式終わって数日してから家に行くとか墓参りするとか、人目につかないようにしてください。
葬式なんてもんは友達の減ってるおっさんが行くものです。
おっさんは葬式が多いから「葬式でしか会わなくなる」状態でも問題ないからです。
そうして、自分の葬式に出てくれる人を確保するのです。

スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /