■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

るせきぬきには

人によってマジックの覚え方は様々であるが、本で覚えるか映像で覚えるかというのはよくされる話である。
私は後者に属する。想像力が足りないのか、マジックの解説本を読んでも全くイメージがわかない。なので動画などで覚える事の方が多い。
とは言うもののDVDはDVDで見るのに時間が掛かるので、見返したりしない。おかげで全くレパートリーが増えないが。
イマジネーション力がある人は本を読んで覚えた方が時間効率はいいのであろう。
本で覚えるというポリシーを持ってる人もいるみたいであるが、そういう人はマニュアル車とか好きそうである。
映像で見ると真似になってしまってオリジナリティーが無くなるとかいうもっともらしい理由で本を推奨する人がいるが、きっと何かの冗談だろう。
私はどちらが良いかはわからない。
あえていうなら、天才肌なら本、凡人ならDVDがよいのではないだろうか。
私は超天才なのでどっちも見ない。
じゃなくて、私は凡人なのでDVDである。

そんな私でも今読んでみたい本が1つある。
「Card Magic Library」=http://www.magicplaza.gn.to/journal/menu.html
加藤英夫さんという方が書いている。
全10巻らしいのだが今途中らしい。
5巻くらいまで出ている。
1冊6000円らしいのだが、特に高いとも思わないし、買っても良いのだが受付が銀行振り込みのみなので、少し億劫である。
どのような内容かは上のサイトに紹介されている。
で、そこの文章が面白い。それが「Card Magic Library」を読んでみたい動機になっているのである。

はじめ読んだ時、自分より年下だと思った。文章が若々しい。
読み進めていくと、どうやら私より年上らしい。
しかもかなり有名。
環境のステージと思考のステージのギャップが面白い。
地味な衝撃を受けながら読める。

残念なのがサイトの構成自体が少し見づらい点である。
(このブログに言われたかないとおもうが)
PCに明るい方が周りにいないのであろうが、せっかく本を販売しているサイトなので誰か協力してあげればいいのになと思う。

内容が豊富なのが見て取れる。
これを読めば演目によって的を得た技法を選択できるようになれそうである。
=http://www.magicplaza.gn.to/journal/journal028_ka.html

お年玉が溜まったら買う事に決めている。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。