■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラリッシュ動画の作り方 「その2 必要なもの」

フラリッシュ動画の作り方 「その2 必要なもの」

必須
・カード
・三脚
・証明スタンド
・ビデオカメラ
・パソコン
・ビデオカメラ付属の変換ソフト
・編集ソフト ムービーメーカー
・変換ソフト AVIUTIL

あると便利?
・筆記用具 太文字仕様
----------------------------------
・カード
トランプです。何でもいいですが、コンセプトが先に決まっているようならそれにあわせてください。同じ動画内で使用するカードがコロコロかわると落ち着きが悪いので1、2種類に抑えてください。
多少汚くても映像にした場合、割と綺麗に映りますので、1ヶ月くらい使ってるカードでも映像に耐えられます。

・ビデオカメラ
携帯付属のカメラとかWEBカメラとかデジカメ付属のカメラとかいろいろあります。
その辺はよくわかりませんが、普通のビデオカメラが一番楽でいいと思います。
最近のカメラは殆どハイビジョン対応です。ネット上に上げるにはそこまでスペックは必要ありません。が、シャッタースピードなどのスペックを考えていいものをということになると、結局ハイビジョンのやつになります。
6~12万円くらい。

・三脚
ビデオカメラに限らずカメラを手で持って撮影する人がいますが、よろしくありません。人間の手で取る場合どんな超人でも手ぶれします。大統領でも。
カメラの場合、シャッタースピード1/100秒程度でもシャッターを押した指でぶれます。カメラの場合も同じで手で掴んでいるので最終的に骨で支える事が出来ず筋肉に頼る事になります。ぶれます。手ぶれ補正に期待しないでください。
ぶれた味みたいなのが必要な場合もありますが、基本的にはぶれてると映像がクリアになりませんので三脚が必要です。カメラマンがいたとしても三脚を使ったまま取ってもらってください。三脚なら何でもいいです。
何かに固定してとってもいいですが人の手はNGです。

・照明スタンド
照明は綺麗に取れるかどうかの80%のウエイトを占めています。
とにかく明るくしなければいけないのですが、そんなプロでもないので照明器具を揃える訳にもいきません。30万くらい掛かるみたい。最近のカメラは性能がいいのか蛍光灯の明かりでも、まあまあ、それなりの映像が取れます。
部屋の明かりだけだと影の位置調整が出来ないので、電気スタンドのような容易に位置が変更できる照明が必要です。
屋外で撮る場合は必要ありませんがレフ版みたいなのはあったほうがよいです。私は使った事がありませんけど。

・パソコン
どのくらいのスペックがいいのかは比べた事無いので見当も付きません。ただ、ノートパソコンでも編集しているところを見たことがあるので、最近のやつなら一応作れると思います。
スペックは当然高ければ高い方がよいですが、一番重視されるのはCPUです。
ビデオカードのスペックはあんまり関係ありません。3Dではないので映像専用の出力処理は必要ありません。
メモリは多い方がよいです。編集時の作業で動作が重い場合はメモリへの依存です。最近はどんくらいだろ、8Gぐらいでしょうか。
ハードディスクは1TBくらい?そんなにいりませんけど1TB位は簡単に手に入ると思うので。外付けHDでもかまいませんが作業中のデータは起動しているOSに近いドライブにおいてください。
データは「ビデオから抽出した元」「PC編集用に変換したAVI」「編集後のMVW]「変換後のMPG」と同じ動画で少なくとも4種類残しておかなければいけません。
3分くらいの動画で元が30分だとするとおよそ 10GBくらい使います。
PCの内部処理で一番時間掛かるのはエンコードで、変換の事ですがこれがまるまるCPU依存です。といっても、10分20分の違いですのでまあ、何でもいいと思います。
作業自体はノートパソコンだとやりづらいので、デスクトップがいいと思います。画面は大きい方がいいですがでかいだけでは意味無なくて解像度が1600出せるやつがいいと思います。

・ビデオカメラ付属の変換ソフト
ビデオカメラ買えば勝手についてきます。
カメラメーカーによってカメラ本体に収納されているデータはフォーマットがまちまちです。PC用に汎用フォーマットに変換してもらわなければいけないのですが、これがそれにあたります。

・編集ソフト
ウインドウズムービーメーカー、アドビ プレミア(ディレクターとかまだあんのか?プレミアに吸収された?)、ニコニコムービーメーカー、NIVE、ムービースタジオ。とかいろいろあります。
有料で一般向けのやつは3万円くらい?
画面を同時2分割とかしないのであれば、ムービーメーカーでいいと思います。私はムービーメーカーです。
出力がへぼいので気に食わないですがニコ動に上げてるくらいの映像にはなります。カットした映像を一時的においておくテンポラリウインドウみたいなのがあれば言うことないのですが、さしたる文句は無いです。感謝。
笑い男のマークとかオリジナルアニメーションみたいなのはフラッシュで作っていますが、それはちっと話が長くなるので省略します。

・変換エンコードソフト
編集ソフトで出力した映像はWEBサイト向けのファイルではないので、簡単に言うとサイズが大きいので、小さくします。
同時に、コントラスト、明るさ、上下左右のトリミング、色調調整などを行います。私はAVIUTILというのを使っています。
エムペグ4というフォーマットに変換します。
このコンコードは行わなくてもつべとかニコ動に上げれば勝手にやってくれるのですが、上記の処理が出来ないのと、綺麗に変換してくれない場合があるので、なるべく自分でやった方がいいです。


あると便利?
・筆記用具 太文字仕様
いざ、カメラで撮っていると、やろうとしている事を忘れます。
だからメモっておいた方がいいです。
また、カチンコみたいなのがあると後で編集する時、やりやすいので小まめに書く事をお勧めします。
ちなみに私はどちらもやった事ありませんのでいつも苦労しています。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。