■default ---■fontsize --70% --80% --100% --120% --140% --- --■scroll_switch

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フラリッシャーがラッスンゴレライについて考える。

昔に比べて流行のサイクルが早くなったとよく聞きます。
特に同年代。どうなんでしょう、私はそうは思いませんが。
これも例のあれですかね、年を取ると1年が早くなる現象の副作用。
誰もアナと雪の女王の歌うたわなくなったし、妖怪第一体操とかなんとかってたら、もう「遅れてる」と言われてしまいます。
でもまあ昔からそんなもんだったような気がしますけど。
らっすんごれライのまえにはララライララライラーラライがあり、その前には武勇伝ぶゆうでん武勇デンデンデデンデンがあり。
妖怪ウオッチの前にはたまごっちがあり、その前にはバーコードバトラーがあり。
白いたい焼きのまえには食べるラー油があり、その前には生キャラメルがあります。
コエンザイムQ10の前にはギャバがあり、その前にはタウリン1000mg配合されて。
スベンソン式増毛法の前にはサクセスがあり、そのまえには育毛剤101があり、
豚インフルエンザのまえには鳥インフルエンザがあり、そのまえには普通のインフルエンザがあり、タミフルが立ちふさがっているのです。
なんか微妙に全部ずれてるけど、とっさにちょっと思い浮かびません。
要するに私くらいの年代は、年代かつ前のを覚えている人は「またか」と思い、流行り廃りが何チャラとか言う。
それ以外のひとは今流行ってるのが全てなので何とも思わない。
という構図なのでしょう。
たぶん、私より上の年代の人は私ぐらいを見て、また「またか」と思ってるよ、と思ってるに違いありません。

若い世代は知らないでしょう。101とか。109じゃないよ。
若者のファッションステーションじゃないよ。育毛剤だよ。
中国で一世を風靡した、のかどうか知らないけど、日本で手に入らない手に入らないっておじさんが血眼になってさがしてたんだから。
バーコードバトラーってのは子供向けのおもちゃみたいなもので、知らないよね。
どうゆうのかを簡単に説明すると、四角いリングの中央に育毛剤101を置いて、それをハゲ上がったおじさん同士で争奪させるゲームですよ。
バーコードの髪の毛を振り乱して、奪い合う姿。
その名もバーコードバトラー。
子供に大人気。

しかし、なんでハゲって面白いんですかね。
理由なんかないですよね。
だってさ、例えばがちがちのレーサーレプリカのバイクに黒いライダースーツでさっそうと登場。
フルフェイスのヘルメットを外すとそこはハゲだった。
ら、やっぱ笑うじゃん。
なんにも矛盾点ないし。プリプリの言葉を借りるならば「悪いことしてないよっ」。
でも面白い。
私が将来ハゲになったら、絶対バーコード風のセットにする。
みんなをほほえみにつつむよ。
バーコードバトラーをもう一度流行らせるよ。
スポンサーサイト
ブログ内検索ワード
マジック / フラリッシュ / デザイン / ~のコツ / プログラム関連 /
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。